お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2006年12月25日

216、 4プリズム基底外方試験

4プリズム基底外方テスト:
微小角斜視が疑われる場合、斜視角が小さいとカバーテスト(遠くに置いた視標を見せておいて左右の眼を交互に隠すことで眼の動きを診る斜視の検査)をしても斜視が有るかどうか(また抑制がかかってしまっているか)の判断が困難です。

この場合に遠方の指標を見させて置いて、(たとえば右目に)4プリズムの基底外方でプリズムをまず右のめがね枠に入れます。

そうしますと、両眼視が有る(正常な)場合には指標を見ていた眼は視線が急に外に引かれるので、両方の眼が左に向かって4プリズム分動き、それに引き続いて両眼の画像がちょうど合う位置に戻るような左目の右向きへの4プリズムの動きが続きます。

しかし、プリズムを加えた眼に(微小な角度の斜視があって)抑制による中心暗点があればそのような揺り戻しの動きは示しませんから、このテストで右目に抑制暗点があることを検出することができる訳です。

これが4プリズム基底外方テストです。私はこのテストを的確に行える医師ないし視能訓練士を尊敬いたしましが、かなり高度でクラシックな小児眼科のテクニックと言えるでしょう。小児の斜視治療を集中的に行っている施設以外での実際の眼科医療現場ではあまり使われては居ないと思います。

この説明が不十分など指摘願える方は訂正しますのでお教えください。

今回私のブログ清澤眼科医院通信をこのテーマでお尋ね下さった方が居ましたので年内の宿題解消に説明を試みました。

http://bjo.bmj.com/cgi/content/full/85/9/1057⇒リンク

は参考になると思います。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類