お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2006年12月21日

236眼筋麻痺性片頭痛ophthalmoplegic migraine

眼筋麻痺性片頭痛(偏頭痛)は”前兆のある片頭痛”を持つ人が発作の発症後3-5日の後に同側の眼筋麻痺を見るものとされています。小児に多く、動眼神経を侵すことが多いとされます。 (管理頁

12112私を訪ねてくださった40歳代女性の患者さんは、月に一度程度生理をきっかけに起きる眼球後部の強い痛みがあって、それに引き続いて複視を生じ、其の複視が数日は残ったと表現していました。発作は、30歳台から始まって、だんだんに複視が強くなり、現在では左を見たときの複視が残存するようになっているといいます。私はこの患者さんを眼筋麻痺性片頭痛(偏頭痛)ト診断します。

眼筋麻痺性片頭痛この疾患は、頻度としてはきわめて稀で、私の28年の神経眼科外来に従事した臨床経験でもほとんど出会ってはいないですし、ミグレイン(片頭痛)の患者の0.1%とも報告されています。眼球運動神経麻痺の中でも動眼神経麻痺が最も多く95%、其の場合には瞳孔も傷害されるようです。このことから神経の虚血よりも発作後に拡張した血管による圧迫が関与しているのではないか?と疑われています。頻度では其の次が外転神経で滑車神経に起きることはほとんど無いそうです。

12111眼筋麻痺は1週間から4週間で回復することが多いのですが、繰り返すうちに神経の機能障害を生じ、完全麻痺となって永続的な障害が残ることも有ります。一回の発作で機能が回復せずに永続的な眼筋麻痺を残すことは稀とされています。

12126この疾患としますと、手術などは考えずに保存的な薬剤治療を始めることになりますので、その診断に当たっては緊急の対応が必要な脳動脈瘤、腫瘍はもとより、糖尿病、重症筋無力症、Tolosa-Hunt 症候群なども充分に除外する必要があります。

この患者さんでは、画像診断や筋無力症の除外は前医でかなり丁寧になされていたようでしたので、診断的治療として、発作の予防薬としてのベータ遮断薬のプルプラノロール30mg(今後80mg程度まで増量を考慮します)と発作時のスマトリプタンを屯用で処方しました。もしこれでしばらく発作がおきないでくれたら、その後で残存している外転麻痺に対するステロイド内服などの治療を考えたいと思います。

もちろん上記の他の鑑別すべき疾患も考えながら治療して見ましょう。

参考文献
1)新臨床神経眼科学、三村治編集
2)Ophthalmoplegic migraine HP⇒リンク、(上の図の出典)
3)Neuroophthalmology 教科書です Liu, Volpe, Galetta:,Saunders⇒リンク

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類