お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2006年9月27日

168 眼の疲れを伴う外斜位(斜視と斜位)

299誰でも左右の眼の視線は力を抜いたときにはまっすぐ平行にはなっておらず、多くの人では多少外を向いています。
管理頁

左右の眼に映る画像を手がかりにこれを少し内側に引き寄せて画像を重ね、視線はほぼ平行に保たれる仕組みになっています。

301殊に近くのものを見るときには視線の内側への引き寄せと、それぞれの眼の焦点(ピントあわせ)が連動する仕組みになっていますので、近くを見るときには視線が遠方を見るときよりも内側により(これを輻輳(ふくそう)とよびます)ます。

また、遠くを見るときには視線が平行近くまで開く(これを開散(かいさん)とよびます)ことになります。

298若いうちは比較的この融像に伴う幅寄せ(輻輳)がしっかりしていますので、左右の視線がほぼまっすぐに保てていた人でも、年を重ねて50から60歳位になりますと、左右の視線を内側に引き寄せて視線を平行に保つことが難しくなってくることが有ります。

この状態が、融像の壊れた外斜位と呼ばれる状態です。

(斜視というのは両眼を開いた状態ですでに目が外によっている状態。斜位というのは交互に左右の眼を隠して見ると、目が潜在的に外によっていることが検出できる状態と考えて戴くとわかりやすいと思います。)
296この患者さんでは、疲れるとふと眼が外によっているという訴えをします。その状態では、視線がしばしば外に外れて両眼視が出来ませんので眼の疲れを強く訴えます。

斜視学としてはこの外斜位をその原因でいくつかの群に分けるのですが、今日はその話は省略します。

294さて、融像の壊れた外斜位が眼精疲労の原因であれば、サンコバなどの眼精疲労の点眼薬だけでは疲れは取れません。

289その対応としては、まず近視の眼鏡をしっかりと合わせたものに変えて網膜像を鮮明視して左右眼の融像を助けてやります。

283次に、眼鏡に少し(基底が内方の)プリズムを入れて、実際には外に視線が開いた状態でも視線を眼鏡で輻輳させて、対象物を両眼で見易くさせる様にする方法があります。

それ相当の近視眼では、近視眼鏡の瞳孔間距離を実際の瞳孔間距離よりも大きめにして上と同様のプリズム効果を出させたりもします。

280また、どうしても両眼視が段々に保てなく進行する場合や、外斜位の角度が大きく美容的に問題がある場合には、内直筋を少し後ろに下げて緩めることで、眼位を正位に近づけるなどの方法も有ります。

しかし、何ジオプトリー以上の外斜位なら手術を勧めるのかといったガイドラインは未だに確立されてはいないようです。

この記事は私の見解をまとめたものですが、アイオワ大学のHPも参考にしました。さらに詳しく調べたい専門家にはお勧めします。
(INTERMITTENT EXOTROPIA: A Major Review Rahul Bhola, MD Fellow, Pediatric Ophthalmology & Strabismus The University of Iowa Department of Ophthalmology & Visual Sciences.)

なお、斜視ないし斜位と診断する場合、脳や外眼筋の疾患をCTやMRI等の画像診断で除外する必要が有りますのでご注意ください。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

◎新患再来とも予約をお勧めします。電話予約が簡単ですが、ここからは夜間も使える新患診療予約フォームに⇒リンクします。http://www.kanja.jp/clinic/yoyaku.php?hosp_no=No017057

Categorised in: 未分類