お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2006年1月9日

40清澤眼科医院通信 第17号

8b0caf9f.jpg清澤眼科医院通信 第17号
Kiyosawa Eye Clinic Report Vol 17

2006年1月9日
136-0057
江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 
電話5677-3930 
(新患再来とも予約をお受けしています。)
(アンダーラインをクリックすると元の記事に飛びます。)

1、 新年おめでとうございます。当医院はお蔭様で開院9か月を無事に診療出来ました。お礼申上げますと共に本年もよろしくお願いいたします。
誘拐された新生児が無事戻って本当にうれしいです。仙台の光が丘スペルマン病院は、ひょっこりひょうたん島の作者としても知られる井上ひさしさんが若い日を過ごした「光が丘天使園」に併設されたラサール系の病院です。昭和47年に私の医学部のタイ人同級生が寄宿していた仙台留学生会館の裏山にありました。この会館に行って裏山に登ると園児たちが声を掛けてくれサッカーなどで遊んでやると、園児や職員にまた来てねといわれたのは35年前の思い出です。外部の人が危険で無かった遠い昔の話です。井上ひさしさんの小説の中には『モッキンポット』として登場するカナダ人のラ・サール会修道士ブラザー・ジュール・ベランジェの伝記もあります。

1’、緑内障疑いといわれた方へ:自分、配偶者、そしてその祖父母までに緑内障患者がいない人は半数以下です。ここをクリックしてお読みください。

2、 当院ホームページ
“患者の気持ち”、“goo街情報”、“e’doctors net”にあり、この清澤眼科医院通信のブログにもリンクしています。

3、 眼瞼痙攣(けいれん)と片側顔面けいれん治療について
○一月の当医院でのボトックス投与予定日は、1月10日(火)、21日(土)、24日(火)です。電話でご予約ください。眼瞼けいれんとボトックス(以前のブログ記事)にリンク
ワイズ
月刊ワイズ2005年12月号に“眼瞼けいれん”の記事で当院を紹介していただいています。当医院では残部僅少に付き、ボトックス治療中の方に無料で見本誌を差し上げています。インターネット版もご覧ください。。(関心のある方はクリックしてこの記事をご覧ください

4、 2006年春の杉花粉症の季節が近づいています。本年の花粉の飛散は例年より遅く2月末で、飛散量も少ないという予想のようですが、
allergic花粉症のある患者様には抗アレルギー薬の早期点眼開始をそろそろお勧めしています。早めに処方をお受けください。いよいよ発症する時期がきましたら強い別の薬剤を加えていただきます。またその予防セルフケアをまとめました。(詳細はここをクリックしてご覧ください。)

5、 その他
◎ 近隣の動き:向かいの公社ハイム南砂は入居者も決まり、一階のコンビ二も内装が始まっています。東隣の通称 fivestar ファイブスター マンションはグランエスタの名で3月の入居に向けての内覧会が進んでいるようです。(一部追加販売もある模様)一階にはパン屋さんも入るようで楽しみです。

○今月は中心性漿液性網脈絡膜炎ポスナー シュロスマン症候群の解説を記載いたしました。(この記事の次にあります)

○コンタクトレンズに関連したドライアイに関心のある方はここをクリック(以前のブログ頁、”コンタクトレンズで眼の乾く方へ”)

○コンタクトのレンズケア用品は何が良いかを考えてみました。AOセプト、コンプリート、オプティフリー、コンセプトワンステップなどの違いに関心のある方はここをクリックし”コンタクトレンズに適した消毒液は?”をご覧ください。

○その他、お気づきの点がありましたら当医院宛郵便で匿名メモをください。一層の改善に努めます。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。(清澤 源弘)(清澤眼科、清沢眼科、きよさわがんか)

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します(管理頁

Categorised in: 未分類