お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2006年1月8日

39 “緑内障疑“といわれた患者様へ:

“緑内障疑“といわれた患者様へ:                      清澤眼科医院 清澤源弘

はじめに:

gladisc

健康診断の眼底写真で、視神経乳頭の陥凹が大きく、精密検査要と指導され、当院を受診される患者さんがいます。

緑内障と聞くとびっくりしますが、岐阜県多治見市で行なわれた住民調査では、40歳以上の人口の約5.8%が何らかの緑内障です。この数字は大変高く、あなたが40歳以上で、あなたと2人の親、4人の祖父母の誰も緑内障で無い確率は、0.942の七乗で65、8%、さらにあなたの配偶者とその祖父母まで含めればそのだれもが緑内障でない確率は(0,658x0,658で)43,3%と半分以下になってしまいます。現在は優れた点眼薬も開発され、失明に至ることは稀で、正しい診療が始まれば、緑内障を恐れすぎる必要はありません。

分類と説明:

緑内障の多くを占めるのが開放隅角緑内障です。これは眼球内の水圧(眼圧)が正常より高く、視神経が循環障害で神経線維脱落をきたして、視野欠損を訴えます。緑内障の末期で無ければ視力低下や痛みなどは見られません。更に、最近注目されているのがこの開放隅角緑内障のうちでも眼圧が高くない、正常眼圧緑内障と呼ばれるものです。先の調査ではこれが人口の3.6%、つまり日本人の緑内障の62%もいます。そのようなわけで、緑内障患者の8割は、自分の緑内障に気付いておられず、治療もなされていません。眼科検診で“緑内障の疑い”あるいは“視神経乳頭の陥凹”といわれて眼科に見えることになります。このほかに白内症の進行で急性の眼圧上昇を起こす閉塞隅角緑内障があります。

検査項目:

緑内障では、1)眼圧の上昇、2)視神経の形態の変化、3)視野の欠損が起きます。

従って、緑内障が疑われる場合には、1)眼圧の測定、2)眼底検査、3)視野の測定、4)隅角検査を行なうのが標準的です。

このうち、眼底検査では、視神経乳頭の陥凹の評価(cuppingカッピング)や、神経線維層の欠損(nerve fibe bundle defect: NFBD)などを見ます。さらに精密な眼底検査としては視神経繊維層厚測定検査(レーザー光線で網膜の神経線維層の厚さを各部分で測って神経線維層の萎縮の程度を測定する)などもありますが、これは保険診療レベルで個々の患者さんに行うべき検査と言うよりも、大学病院や緑内障専門医クラスの診療施設で行われる”新薬による治療効果の判定研究”のための機械と考えてよいでしょう。(この項2006.6.16追記)

視神経の形態だけで緑内障を診断することは難しいので、見落としをなくすため検診では疑わしいものも指摘します。ですから、精密検診で緑内障ではなかったという例もあります。

緑内障では視神経線維数が減少し視神経の働きが弱り視野欠損が起きます。視神経には100万本の線維がありますが、その50%がなくなるまで視野欠損は起きません。ですから、視野欠損は緑内障が進行した証拠です。視野検査で正常と診断されても、翌年の検診で緑内障疑いと指摘されたら、視野検査は再度行なうのが良いでしょう。

HFA

HVFgla

治療:

キサラタンチモプトールトルソプト

現在の緑内障の治療では、点眼薬治療が中心です。キサラタン、チモプトール、トルソプトなどを使い、眼圧を15mmHg以下に抑えます。(図左からキサラタン、チモプトール、トルソプト、)

眼圧低下が不十分で、視野変化が進行するときは線維中柱帯切除術などの手術も検討します。白内障でレンズ厚が増している場合には白内障手術を勧める場合もあります。

私は緑内障検査の後次のようなサマリーをだします。

本日の判定の要点: 緑内障の有無; 右(有、無)、左(有、無) :有りが異常
○視力右    (  )、左    (   )、
○眼圧 右(   )、左(   )
○隅角の狭細化 右(有、軽度、無)、左(有、軽度、無)  :有りが異常
○視神経乳頭陥凹 右(  )、左(  )。  :0.6以上が異常
○ハンフリー視野の緑内障性変化 右(有、境界、無)、左(有、境界、無)、:ありと境界は異常
○治療の要否(有、無)、  再検要否(有、無) その他(         )

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: