お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2005年9月20日

12 清澤眼科医院通信 第9号

2005年9月22日
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930

開院5月半、無事に診療出来たことを、お礼申上げます。

9月22日午前10時~午後4時過ぎまで本医院の電話が不通になりました。取り扱い通信業者の変更に伴う工事の不手際によるもので、関係各位のご尽力で無事回復しましたが、この間お電話いただいた患者様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした

1、 清澤眼科医院正面の14階建て新築一般賃貸集合住宅(都公社運営)コーシャハイム南砂駅前の入居公募が始まりました。期間は11月2-14日です。

公社ハイム医院東側のファイブスターマンションも外観が整ってきました。聞くところではめでたく完売との事。
ファイブスター南砂町駅前も西葛西や東陽町ほどではありませんが、だんだんに開けて来たのが実感されます。

2、 祝;南砂駅前クリニック開院
10月3日に山田壮太郎先生が当ビル2階に内科を開業されます。10月1日が内覧会との事です。ご専門はリウマチ膠原病内科で、小児科も見てくださいます。山田院長は信州大学卒、医局は東京医科大学で、私清澤とほぼ同世代で信頼できる先生です。当医院は山田先生と協力して全身を考えた医療を進めてゆきたいとおもいます。

2、当院ホームページ
患者の気持ち”内と“goo街情報”、それにe-doctors netにあり、清澤眼科医院通信ブログにリンクしています。最新情報を掲載し皆様の来訪をお待ちします。

3、眼瞼痙攣について
● 今後のボトックス投与予定日は9月24日(土)、10月1日(土)、4日(火)、15日(土)、18日(火)です。電話予約して御受診ください。
拙著、患者さん向け解説書“眼瞼痙攣”が出版されています。

本カバー当院売上は国際神経眼科学会(2006年東京、若倉雅登会長、清澤は副会長)に寄付します。
● “眼瞼、片側顔面痙攣友の会“第二回総会は10月22日午後、コーワホールで開催されます。(事前予約要ですのでお問い合わせください。)
 
4、その他 
● 当院では、待時間短宿のため電話予約を受け付けています。御利用ください。
● 第59回日本臨床眼科学会(10月9日)、で60分の医師教育コース、“解決!不定愁訴、不明愁訴3”を若倉雅登、山田昌和先生と担当するため10月8-9日当医院を代診とさせていただきます。講演では、「過剰な光の曝露を避ける生理的反応」としての「まぶしさ」すなわち「羞明感」を「健常者が眩しいと感じない光を眩しいと感ずる状態」として捉え「まぶしい」と訴えて眼科を訪れた諸症例を提示します。これには人工水晶体、網膜視神経、瞳孔、後頭葉等の病気が含まれます。(内容は後日院内および当ブログに掲示予定です)
● その他、お気づきの点がありましたら一階の清澤眼科医院の郵便箱に匿名メモをお入れください。改善に努めます。       (清澤源弘)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類