お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2005年9月1日

10 左右の眼で見える大きさが違う

不等像視の検査

質問;片ほうの目で見えるものがゆがんで、また反対の目より大きく見えるように、なりました。1年たって、黄斑上膜といわれました。それは進行しないようなので経過観察ですが、右目と左目の大きさの見え方違いの検査をしたいのですがどんな検査がありますか?。


◎左右の眼で同じ大きさであるはずの画像の大きさが左右の眼で異なって見えるという現象を不等像視といいます。その差が5-7%を越すと左右の眼で同時に見ることが困難になるとされています。

◎片眼無水晶体症(片眼だけ白内障の手術を受けた人)、遠視性不同視(左右の強さが異なる遠視)、近視性不同視(左右の強さの異なる近視)などでおきることがわかっています。

◎あなたの場合のように片眼の黄斑部の網膜がその上に生じた病的な線維性の膜によって中央の狭い範囲に引き寄せられている場合でも、本来の網膜の上で期待されるよりも広い範囲に画像が広がって映りますので、見た人は大きく感じることになります。

◎もしこれがあなたの不等像視の原因であるとすれば、怪我とは無関係に偶然重なっておきたものという可能性が高いと思います。脳の外傷などで左右眼に不等像視がおきたという例はいまだに聞いたことがありません。

◎この不等像視を評価する優れた方法に、名古屋大学の前教授である粟屋忍先生が開発したNew aniseikonia testという検査があります。

◎円を左右に切った直径4cmの半円図形が直径を平行にして中央の十字視標を挟んで5mmの間隔をあけて左右に相対して印刷してあるものです。右目に赤の、左目に緑のフィルターの入った眼鏡でこれを見ると、赤フィルターの掛かった眼では緑の半円が、緑フィルターを掛けた眼では赤褐色の半円だけが見えます。

アニセイコニア

◎1%ずつ緑または赤褐色の円を大きくしたものを多数用意しておいて、左右の眼で見比べたた半円の直径が同じになるものを選ぶことによって、左右の大きさの感じ方の違いがわかります。

◎このほかに位相差ハプロスコープという左右の眼を順番にシャッターで隠して左右の眼で見えるものを比較させる大型の検査機械がありますが、機械が場所をとることや、操作が難しいことなどから小児眼科を専門に診察している大学など以外ではあまり用いられていません。

◎New aniseikonia testは医科歯科大学の水曜日の私が担当する外来でも簡単に試してもらうことが出来ます

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類