お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2005年8月9日

6 清澤眼科医院通信 第6号

清澤眼科医院通信 第6号
2005年8月9日
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930

まもなくお盆です。開院4ヶ月無事診療出来たことをお礼申上げます。今年はお盆の間も職員が交代で休暇をとり休診なしで診療しますので安心して御利用ください。

1.緊急のお知らせ
激しい異物感、流涙それに充血を主訴とする流行性角結膜炎が発生しています。その多くは後遺症なく約1週間で改善しますが、場合により角膜に混濁が残ります。感染性が強いウイルス感染症ですからかかった人は家族や職場で移さない様な注意が肝心。健康な方は、プールの後の洗眼などに十分注意し感染を避けてください。

2、近隣の見物、見所:
清砂橋:この辺で“新しい橋”といわれたら永代通りで江戸川区清新町と江東区砂町を結び荒川に架かる景色の良い清砂橋のことです。つい最近まで、南砂町駅近辺には丸八通りも永代通りもなく、日曹橋交差点から東は海岸堤通りと呼ばれる細い道だけでした。現在の駅西口前から中学脇に入る細道がそれです。この地は東京湾マリーナから続く砂町運河で、最近は駐車場でした。

2、当院ホームページ
Google“眼科医院“の検索で現在なんと全国3位です。「goo街情報」と「 患者の気持ち」内に有ります。この「清澤眼科医院通信」も掲示しますので御期待下さい。

3、トピックス:コンタクトレンズ
法に従い、眼科医院発行の処方箋で新砂コンタクトがレンズを販売します。
眼科医院と販売所の分担を説明します。
1)眼科での問診(最適なレンズの相談)
2)角膜曲率半径
3)屈折と矯正視力(どの強さでどこまで見えるか?)
4)眼圧測定(緑内障の除外)
5)細隙灯検査(充血や角膜損傷の検査)
6)眼底検査(網膜病変の除外)
を行い、眼科専門医がコンタクトの適否を判定します。疾患は治療します。この後、
7)レンズ度数の微調整。当日試供レンズ交付。(希望すれば即日処方)。
8)一週後、レンズ視力を確認し不都合がなければ処方箋発行。
9)新砂コンタクトで3ヶ月相当分までのレンズを販売。
10)購入レンズが終了し再受診の場合には医院で再検査後処方箋を更新発行し、新砂コンタクトで販売。
量販店や海外個人直輸入サイトなどもありますが、当眼科医院では眼科医が安全管理をし、新砂コンタクトは販売後も不適合時は無償交換します。リーズナブルな値段設定も御比較の上での御利用をお待ちします。

4、眼瞼痙攣について
●一般向け解説書“眼瞼痙攣”を出版しました。医院受付で割引販売中。
●ボトックス投与日は、8月20日(土)、30日(火)、9月10日(土)、20(火)です。

5、御意見承り他
●皆様の御意見を伺いやすいシステムを模索しています。
●新設の当院では、新患と再診の電話予約を受け付けています。
●英語での診療もいたします。(清澤源弘)

http://www.kanja.jp/search/byoin.php?hosp_no=No017057
今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類