お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年8月8日

13032:いつか引退する必要があります:成長またはあなた自身の生存

今年の米国眼科学会はオンラインと現場での2重構造で開催されるようです。面白そうなテーマを拾ってみました。これは、高齢化した開業医に対して、迫りくる引退の時期に向けての心と実際の準備についての助言を与える講義です。

最近は、私の周りでも眼科診療所の営業譲渡を勧める呼びかけが数限りなく飛び交っています。私もその一つの提案に同意して、8月末を以て診療所開設者のポジションを第3者に譲渡いたします。

問題は、その後の自分の時間をどう過ごすか?という点に絞られてきました。「きょういくが必要」という訳ですが、それは「今日行くところ」という意味です。朝から家に居たら邪魔にされそうですし、自分もぼけ老人に向かって一直線に進みそうです。末尾の動画で、ホリエモン氏は彼の母親に学童保育の先生というボランティアを勧めたそうです。また彼は「町内会長」という役職を健康で幸福な余生への切符として進めています。

そういえば、晩年の私の父も店を廃業した後まで、お宮の会計係や町内会の衛生部長として町内を走り回って居りました。

839V – いつか引退する必要があります:PE、成長またはあなた自身の生存

あらすじ: ヘルスケアM&Aとコンプライアンスを扱う弁護士、投資銀行家、眼科医が率いるこのセッションは、プライベートエクイティ(個人開業)を探求したい場合、自分で成長したい、または単にコースを維持しようとするかどうかにかかわらず、今後10年間にあなたの診療を譲渡移行し、運営する準備をするのに役立ちます。パネリストは、次のような重要なトピックに焦点を当てます:

(1) オフィスマネージャーから管理者またはCEOにスタッフをどのように進化させるか、またはグルーミングしますか?

(2)若い医師を募集し、維持し、彼らが移行をサポートする方法を理解し、

(3)潜在的なプライベートエクイティパートナーのためのあなたの診療所をより魅力的にするためのアクションアイテム、

(4)システム、規制監督、運用および財務報告、および移行能力に影響を与えるより多くの要因。

目的; このプレゼンテーションの最後に、参加者は(1)個人診療所(プライベート・エクイティ)やその他の成長モデル、(2)企業のハウスクリーニングを含む今後10年間の成長と移行に備え、(3)若いパートナーを呼び寄せ、長期的に協力し、(4)パフォーマンス測定と指標を活用して実践を支援することができます。

シニアインストラクター

イザベル ビベット-カリニアク, BBA, MBA

インストラクター

ラジェシュ U. コタリ, BA, MBA
ゲイリー・マーク・ケオリアン MD

Categorised in: 社会・経済