お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年7月14日

12986:ブレイキング:米国の年間CPIインフレ率は6月に5.4%に跳ね上がった:4.9%が予想値でした

清澤のコメント:数時間前にレポートされた米国の消費者物価指数は予想を上回る上昇だったという。これが今後の社会経済に対してどのような影響を及ぼすのかという点が危惧されるが、それに関して高橋ダン氏が適切に解説していたのでその動画も最後に採録して置きます。

ニュース| 7/13/2021 12:30:37 GMT


消費者物価指数(CPI)で測定された米国のインフレ率は、5月の5%から6月には年率5.4%に跳ね上がった、と米国労働統計局が火曜日に発表したデータが明らかにした。この読み取り値は、市場予想の4.9%を上回りました。

報告書の詳細は、不安定な食料とエネルギー価格を除く年間コアCPIが3.8%から4.5%に上昇し、アナリストの見積もり4%を上回ったことを明らかにした。

市場の反応

最初の市場の反応により、グリーンバック(米ドル)はライバルに対して強さを集め始め、米ドル指数は最後に92.61で日常的に0.42%上昇しました。

高橋ダン氏の解説動画:消費者物価指数に関する解説部分は208秒からです

Categorised in: 社会・経済