お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年4月29日

12823:ブルーンバーグの1日を始める前に読んでおきたいニュース5本:というメルマガを紹介

清澤のコメント:金曜と土曜を残していますが、今日から連休に突入です。コロナ禍ですから私は外出を控え事務所に出かけて、4月初旬に行われた第125回日本眼科学会のオンデマンド放送のシンポジウム等を可及的に多数視聴しようかと思っています。

今日の一番の下世話な話題としては、「“紀州のドンファン”不審死 元妻を殺人などの疑いで逮捕 …」:殺人事件で妻が逮捕されたという件でしょうか?①大量の覚醒剤を経口投与したという殺害方法の特異性と、②逮捕までの長い期間(なぜ今までかかったのか?)が興味を引きました。③それで、検察は本当に有罪に持ち込めるのでしょうか?

さて、ブルーンバーグ日本版の今日を始める前に呼んでおきたい記事5選というメルマガがあります。社会経済に興味のある方ならば、誰にも使いやすい情報源と思いますので、紹介いたします。

   ーーーー

おはようございます!

米金融当局が資産購入を段階的に縮小する「テーパリング」。これがいつ始まるのかが、今最大の関心事です。ブルームバーグのブライアン・チャパタ記者のコラムによれば、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が今月述べた「一連の」という言葉が、キーワードになりそうです。爆発的に強い数字の雇用者数や、2%を優に上回る物価上昇率。これが何回か連続すれば、という臆測を抱きながら、関係者は28日の議長会見に見入ることになります。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

① 狙い撃ち バイデン米大統領が近く発表する包括的税制案には、資産相続時の税負担を大きく減らせる現行の優遇制度を富裕層から取り上げ、富裕層の所得税最高税率を引き上げるとともに、内国歳入庁(IRS)の税務調査能力を増強するための大幅な予算増額が盛り込まれる。税制案に詳しい関係者が明らかにした。IRSの予算は10年かけて800億ドル(約8兆6700億円)増額。これによって7000億ドルの税収が期待できるという。

②マスク外して屋外へ 新型コロナウイルスのワクチン接種を完了すれば、運動や少人数での食事など屋外で活動する時にマスクを着用しなくてもよいとのガイドラインを米疾病対策センター(CDC)が発表。ただ野球場など大人数が集まる場所では引き続きマスクを着用すべきだという。ワクチン接種を完了していても、周囲に感染した場合に重症化するリスクの高い人がいれば配慮するようCDCは促した。

③けじめ アルケゴス・キャピタル・マネジメントとの取引に絡み多額の損失を計上した野村ホールディングスは、投資銀行業務の上級幹部数人を職務停止処分とし、リスク管理担当の最高責任者を交代させた。事情に詳しい複数の関係者によれば、ブライムブローカレッジ部門のグローバル責任者ドゥーガル・ブレク氏をはじめ、米国のプライムブローカレッジ業務責任者ジョシュア・クレク、グローバル株式共同責任者マイケル・カペロニス両氏にも職務停止処分が下された。

④注目の決算 米ソフトウエア大手マイクロソフトが市場の引け後に発表した1-3月期決算では、売上高が19%増加。しかし最も楽観的な予想に届かなかったことから、株価は発表後に大きく下げた。同時に決算を発表したグーグルの親会社アルファベットでは、株価が大幅に上昇。決算では利益と売上高が予想を上回ったほか、大型の自社株買い計画を明らかにした。

⑤7月からはオフィスで JPモルガン・チェースは米国の従業員全員に7月のオフィス復帰を義務付けた。ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が率いる経営委員会が、従業員に文書で通知した。米大手銀行でこうした措置が講じられたのは初めて。オフィス復帰に際してワクチン接種を現時点で義務付けることはしないが、接種を「強く奨励する」意向だという。

その他の注目ニュース
フランスが英国に金融での「報復」を警告、通商協定の漁業権巡り相違
米消費者信頼感指数、パンデミック入り後最高-景気と雇用を楽観
中国華融資産がオフショア債償還、国有最大手行が資金支援-関係者
ニュースレターを受け取る

Categorised in: 社会・経済