お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年3月20日

12716:FOMC、ゼロ付近の金利維持を引き続き予想-物価急伸は短期間:記事紹介です

清澤のコメント;高橋ダン氏の解説によると、今回のFOMCのデータは景気の回復を示していて経済政策ではタカ派的だが、パウエル議長のコメントは、「フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置く」というハト派的なもので有ったそうです。うまく言いくるめられて、この発表の直後のニューヨーク株価の推移は順調であったのですが、午後になって相当強い下げを見せたそうです。ヒンデンブルグ・オーメンを想起させる事態でしょう。

高橋ダン氏は、投資は自己責任で、すべて自分で決めてください。投資リテラシーがあまりに低い日本人に対して、魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えのが目的だと繰り返し述べています。自分のSNSを介して高橋ダン氏のユーチューブ動画をお勧めくださいとのことですから、今日も私はここに高橋ダン動画を紹介いたしました。

  ーーーーーーー

Craig Torres2021年3月18日 3:25 JST更新日時 2021年3月18日 6:13 JST

  • インフレ率は今年急伸するが、来年には減速すると予想
  • FOMC参加者18人のうち7人が23年末までの利上げ実施を見込む

米連邦公開市場委員会(FOMC)は16、17両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定した。またFOMC参加者は、少なくとも2023年いっぱいは金利がゼロ付近で維持されると引き続き予想。一方で経済見通しは上方修正された。金融市場ではインフレに対する懸念が強まっている。

声明全文はこちらの記事をご覧ください

  FOMC参加者の四半期経済予測では23年末までに利上げを見込む参加者が増えたものの、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、なお少数意見だと強調した。

  議長は声明発表後の記者会見で、「委員会の大半は、この予測期間中の利上げを見込んでいない」と指摘。資産購入の縮小について議論する時期は「まだ訪れていない」と加えた。https://imasdk.googleapis.com/js/core/bridge3.447.1_en.html#goog_1703268682Fed’s Powell Sees Uneven Recovery, Short-Lived Inflation

記者会見に臨むパウエルFRB議長

出所: Bloomberg

  声明と同時に発表された経済予測では、FOMC参加者18人のうち7人が2023年末までに利上げが実施されると予想。昨年12月の会合ではそう予想したのは参加者17人のうち5人で、超金融緩和策の早めの巻き戻しを見込む参加者の割合が今回やや増えたことが示された。昨年12月下旬に就任したウォラー理事は、今回初めて予測に加わった。

  声明では、「経済活動と雇用情勢を示す指標はここ最近に上向いたが、パンデミック(世界的大流行)による悪影響が最も深刻だったセクターはなお脆弱(ぜいじゃく)だ」と指摘。「インフレ率は引き続き2%を下回っている」と説明した。

The Fed's New Dot Plot
FOMC参加者のドットプロット最新版出所:ブルームバーグ

  FOMCは年内に見込まれる物価急伸について短期間にとどまると予想。経済予測によれば参加者らは、当局が重視するインフレ指標について21年は2.4%に急伸するが、来年は2%に鈍化すると見込んだ。食品とエネルギーを除いたベースでは、インフレ率は今年2.2%に達し、22年に2%に減速すると予想した。

  米国債市場では、10年債利回りが声明発表後も1年ぶり高水準付近を維持。米株式市場ではS&P500種株価指数が上げに転じた。

  このところの米国債利回りの動きについて、議長は「今後も緩和的な環境が維持されることが重要だ」とし、「市場が無秩序な状況になれば」懸念するだろうと説明。今月初めの発言を繰り返した。

  資産購入については月額1200億ドル(約13兆円)を維持し、最大限の雇用と物価安定の達成に向けて「一段と顕著な進展」があるまでこのペースを継続すると再表明した。

  ワクチン接種が拡大し、巨額の経済対策法が成立したものの、米経済はなお金融当局の目標から程遠い状態にある。パウエル議長は「今回の景気低迷では、多くのマイノリティーを雇用する分野が直接の打撃を受けた」と指摘した。

  一方で、FOMCは経済成長と労働市場の予想を上方修正。参加者の中央値では失業率は21年末で4.5%、23年には3.5%にそれぞれ低下すると予想。国内総生産(GDP)は今年6.5%増と、前回予測での4.2%増から上向きに修正された。

原題:Fed Keeps Zero-Rate Outlook, Sees Inflation Bump Short-Lived (1)(抜粋)(パウエル議長の発言を追加し、更新します)

Categorised in: 社会・経済