お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年9月9日

12246:「独裁者レーニンの野望」仕組まれた日米大戦…今なお続く共産主義の“謀略戦”:藤井厳喜氏の動画3編採録

①【図解】「独裁者レーニンの野望」仕組まれた日米大戦…今なお続く共産主義の“謀略戦” 2020/08/28

清澤のコメント:藤井厳喜氏渾身の動画、解りやすい3編を採録しました。レーニンがソビエト連邦を作った後、その体制を世界に広げようとした。レーニンの跡を継いだスターリンは世界に工作員を送り込んで、日本と米国を対立させ、お互いに戦わせる方向へと導いた。尾崎秀実、ゾルゲなどの働きで日本の情報はソ連に筒抜けであった。かくして太平洋戦争が終わったときに世界は東ヨーロッパと中国という広大な地域を共産圏に占められるにいたったのである。

②【図解】なぜ、中国は日本を狙うのか?地図の見方で分かる中国人の思考法 ~情報リテラシー大全「地政学」

2020/07/04 大陸と海洋国家は覇権を争う立場にある。日本から見れば中国は隣国だが、中国から見れば日本は海に出るには蓋のようなものだ。中国の地図を90度倒すと全く違う地政学が見えると解説する。

③【世界史】人種平等は日本のおかげ?白人数百年の支配を打ち破った偉業…「大東亜会議70周年記念大会」パート1(ゲスト:加瀬英明)

藤井厳喜氏が主宰した7年前の記念会の中継動画。世界に残った稀な植民地的な存在。このころから、中国のチベット、ウイグル、モンゴルに対する支配は続いていたということのようだ。中国共産党による一党独裁が倒れることはないのであろうか?

亜細亜に互恵の独立国を作ろうとした70年前の大東亜会議の意義を解説。インドネシア、ビルマ、インド、タイなど。人種的差別の撤廃を目指したことを我々は忘れてはいないか?憲政記念館で集会が行われた。その時の記録を提示する。310万人が死んだのはそのためだったのだ、それを示したい。

Categorised in: 社会・経済