お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年8月14日

12175:「楽しい」を追求した人や企業が勝ち残る!?ホリエモン動画紹介

清澤のコメント:今後 投資先として魅力的な企業は?「楽しい」を追求した人や企業が勝ち残る!?【NewsPicksコラボ】という動画を紹介しましょう。【ホリエモン×藤野英人】コロナショックを乗りこなす”投資術”です。堀江氏はどうやって楽しく生きるかを考える時代だという。前作から登場していた土井明莉さんの筋トレ動画も末尾に採録しました。


番組内容

コロナショックで投資口座の開設が急増。世界的に投資マインドが高まっている。withコロナ時代を乗り切る、注目サービスや企業は何なのか?また、どういったスキルやマインドが必要なのか?「投資」という武器を使うための心構えや企業の見方を、「ひふみ投信」の運用責任者である、投資のプロ藤野英人さんと語り尽くします。 <ゲスト> ●藤野英人 (レオス・キャピタルワークス ) ●土居明莉(現役東大生) ●堀江 貴文 ●司会: 金泉 俊輔

堀江:テレビに出たがる芸能人への疑問:洗脳や思い込みがある。オンラインサロンで目指すのは人生改革だ。多くの人は一生懸命に仕事をしているふりをしているだけ。ネットではそんな社員を妖精さんというらしい。

藤野:会社にはどこかにしがみついている人が多い。反逆者がいれば、その会社が伸びる。合理的に働くとは?経営者の意識の差が出る。通信、食費卸その他でも。

堀江:(どうやって楽しく生きるかを考える時代)人生は壮大な暇つぶしだ。金を稼がねばならないという縛りもない。パトロンも一人ではない。ロンブーのあつしさんとコラボしたら作業着で来た、面白い。

藤野:ワークマンの株価の上昇は、ワークマンの変化と社会の変化の結果。コロナ騒動の後、株価総額上位の会社が入れ替わっている。3位のキーエンスの躍進が著しい。楽しいを突き詰めた人や企業が生き残る。日本では自分の会社が好きという人は半数しかいない。米国や中国では8割が好きだという。好きでない人の働く会社の生産性が騰がるわけがない。根本的に日本を変えなくてはいけない。

土井:藤野さん、投資できる会社は?

藤野:ホームページを見てもわくわく感がないとよくない。ホームページで社長あいさつで当社はというような会社は面白くない。

120,171 回視聴•2020/08/12 土井さんのユーチューブ:これからも売れそうな新人

Categorised in: 社会・経済