お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年8月4日

12153:ニューノーマル(新常態)の残酷な現実:今日の動画紹介です

朝起きてみれば先週末からセミが相変わらず鳴いています。今日は昼から小学校の最後の健診に行きます。学校の先生が上手に訓練してくれてあって、患者さんには触らないあかんべー健診です。毎週火曜日の「みんなの眼科教室、教えて清澤先生」は、生活不活発病を紹介したかったのに、残念ながら飛び入り記事掲載のため来週に延期になってしまったそうです。夕刻、楽しみにしながら日刊ゲンダイ誌を購入してみてがっかり。次に紹介する動画は、今の世相を解説する2人の大人の対談です。

越境3.0チャンネル】石田和靖&石橋泰寛【越境3.0チャンネル】石田和靖&石橋泰寛チャンネル登録者数 3.22万人登録済み【チャプター】

00:00 ニューノーマルに備える:オンラインヨガなどが普通になるのか?

03:46 どんな世界に変わっていくか?ズーム飲み会や合コン(ダイレクトチャット)、接待付きの店は減るだろう。野球は経済的に成り立つのか?昨日と今日は変わっている時代かもしれない。

08:58 変化の加速化が起こる、強烈な二極化の世界が作られる:日本だけでないイノベーション。明日も同じ仕事はない。ユニクロにはスタッフが一人しかいない。無人化される。従来のノーマルにまた戻って来ることはない。

12:03 これまでのようには守ってもらえない社会が来る:自己主張が許されない時代が来る危険性があるだろう。強権国家に向かっている。民主主義はもうなくなるのではなかろうか。民主主義のコストには社会が耐えられない。厳しい世の中で生きて行ける覚悟を要す。ベーシックインカムという概念も、それ以上の要求を禁じるレンティア国家に向かうかもしれない。賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶとも言われる。

19:36 本日の1枚「リヤドのキングダムセンター」

【ニューノーマルとはどんな世界になるのか?】 新型コロナウイルスで激変していく社会構造。世の中は「ニューノーマル(新常態)」に変わると言われていますが、どのように変わるのでしょうか?これは非常に大きくドラスティックに、そして天国と地獄の極度の二極化へと向かうのではないかと我々は思っています。その変化に対応できるように今から準備しておく必要があります。

ハバロフスクの市長フルガル氏が7月に昔の殺人容疑で逮捕された。フルガル氏はプーチン大統領の与党を破った人。抗議デモ。極東はロシアの中でも貧しい地域。市民の支持が強い。①住宅が劣悪、医療も劣悪、②石油などの資源があるのに、地元には利益が回らない。 シェア・ザ・ワールドリソーシスが調査していて、民衆からの抗議デモは出てきているが、チリ、イスラエル、レバノンなどでも抗議デモが盛ん。仕事や労働条件への不満、汚職への不満などが出ている。これからのニューノーマルは抵抗が抑えこまれるのかも。

Categorised in: 社会・経済