お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年6月18日

11998:ロスチャイルドと「金」の裏話;神王TV動画紹介

ロスチャイルドと「金」の裏話【日本史のヤバい嘘】HSBC香港上海銀行とゴールドとフリーメーソンと徳川埋蔵金と都市伝説

2020/06/15 ロスチャイルドの勢力が、今かなり落ちてきている!? 

◎HSBCが金(ゴールド)の取引で、たった1日で「1年分の利益と同じ額」を大損して失った!?;この話題は確かにブルンバーグで公表されている:

HSBC、金で1日に200億円超失う-ロックダウンで混乱 (訂正)

Jack Farchy、Harry Wilson 2020年5月14日 1:22 JST

  • 3月後半のニューヨークとロンドンの相場かい離で大打撃
  • 損失2億ドル、HSBCモデルで想定する最大損失を大きく上回る

英銀HSBCホールディングスは3月、金取引で1日に約2億ドル(約210億円)を失った。金市場が混乱し、ニューヨークとロンドンの相場が大きく乖離(かいり)したあおりを受けた。

  2億ドルはHSBCやJPモルガン・チェースなどの大手銀行が金取引での1年間の利益として目指す額で、これを1日で失うのは異例だ。HSBCがバリュー・アット・リスク(VaR)モデルで想定する1日の最大損失額を大きく上回る。

  損失の大きさは、新型コロナウイルス感染阻止のロックダウンで精製や金現物の輸送が妨げられた3月後半の金市場の混乱を浮き彫りにする。

  ニューヨークの金先物相場とロンドンの現物価格の差は通常、オンス当たり数ドル以内だが、問題の日には一時70ドルに拡大し、ニューヨークの先物とロンドンの現物のポジションを使った「エクスチェンジ・フォー・フィジカル(EFP)」と呼ばれる取引を活発に行う銀行に打撃を与えた。

  HSBCは金市場混乱で損失を被ったことを先の届け出で開示していたが、今週公表した1-3月の日次のトレーディング損益を示すチャートで損失規模が明らかになった。

  HSBCはコメントを控えた。

◎ 世界最大級のメガバンクHSBCの前身である香港上海銀行の裏歴史( 1865年に香港で創設された香港上海銀行を母体とし、 1866年に香港上海銀行(日本支店)を横浜に開設)について なぜ明治維新の前、すでに江戸時代には「横浜に支店」があったのか?:横浜の開港は明治維新より前であり、生麦事件( 1862年9月14日)はそうして横浜の開港場に来ていた英国人を薩摩藩の侍が殺害した訳だら、その頃にHSBC支店が横浜に有ってもおかしくは無かろう。

ペーパーゴールドとフィジカルゴールドの違いについて :金ETFでは希望したときには現物の金として受け取れるわけではないという事はすでに指摘されています。

日本政府や日銀が持っている金は、「アメリカにある」という衝撃の事実!?:これのフォートノックスに貯蔵されていることになっているが、金メッキしたタングステンのバーに差し替えられてしまっているという陰謀論は昔から珍しくはない。

紀元前の時代から、世界を動かしてきた「3つの正体」(金、麻薬、女性)。

Categorised in: 社会・経済