お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年5月28日

11927:5月28日高橋ダンの国際ニュース:動画紹介

香港デモ、朝のニュース5月28日、原油、先物、日銀、FRB、金融緩和、地銀、将来:高橋ダンの今日のニュース

清澤のコメント:高橋ダン氏はこれだけ国が通貨を国内外にばら撒いてもインフレではなく、デフレになると言っています。私は通貨価値が毀損されると思いたいのですがそうではないのでしょうか?。

2020/05/28 Dan Takahashi 高橋ダン –

チャンネル登録者数 13.5万人

01:00 金融とマーケット、 07:35 政治と経済、 12:50 Dan Takahashiの意見と質問に答える

5月28日:米国のマーケット27日は上昇。パターンは伝統的なものでありエネルギー、銀行、観光なども上昇している。ヨーロッパには買う力がない。アジアは5月28日まで日経が3日で6%も上げている。香港はマーケットとして外につながっていないアメリカでのコモディティーズは低下2%。金も低下、原油も低下。農産物は米国で低下。為替は、中国の元が7.2と弱い。為替が弱いのは中国には有利。債権ボンドは格国政府が買っているのでこの1か月全く変わらない。

経済データ;韓国中央銀行利下げ。米対中国の記事。コロナのニュースは大きくない。今後は木曜に米国のGDP、失業者数。金曜日、日本の小売り製造指数などが公開される。日曜に中国は重要なデータを出す、それが製造PMIと非製造PMI。トランプのツイートなどの政治的発言はあまり重要ではないだろう。

これから次のビデオで:アメリカのニュースをどう読み、キーワードは何か?を話そう。

ラップニュース(全体を見回すwrapと):経済再開というが、SMP500での先物がアルゴの仕掛けで突破しそう。200日移動平均と3000ドルのレベルを越したが、ここでひとやすみか?

ポジショニング(注1)は:

①昨日のビデオは視聴が多かった。ダンか予言するデフレに対して、なぜこんなにお金を出してさらにデフレになるのか?と聞かれた。これはお金が回っていないから。世界のほとんどのお金は現金ではなく、クレジットである。中央銀行が紙幣を印刷して政府に渡し、これを政府が国民に配る。日本ではその金を法律によって返さねばならないが、国にはそれを担保する資産はない。だから国民から税金を取るしかない。給付金を出すより、税を下げるほうが国民には楽なはず。日本は最も長い借金(量的緩和)を持っていて、それをどうするつもりなのか?だから、この先の延長ではインフレは起きないだろう。インフレが来るとすればマーケットで起きる。しかしそれは社会的にはよくない。

②ETFとインデクスファンドの違いは、ETFは上場されていて、インデクスファンドより明確だ。

ポジショニング:ダンの推薦が当たったもの当たらなかったものがあるが、予告したように航空会社のジェッツは騰貴した(注2)。これが中期的には良い。メキシコペソと南アドルも市場に遅れて一緒に上がったもの。この動画を作る目的は日本人の教育だ。英語新聞の読み方ビデオを今日作るつもりですと。

注1:ポジショニングとは?(上の文脈ではこの用語とは違って、どのような株をどのように持つことを勧めるか?と言う事のように聞こえますが?)

注2:USグローバル・ジェッツETF(US Global Jets ETF)は、米国籍の上場投資信託。世界各地の先進国の証券取引所に上場する米国普通株、国際旅客航空会社、航空機メーカー、空港、ターミナルサービス会社および企業で構成されるスマートベータ指数に連動する投資成果を目指す。指数には、小型、中型、大型資本企業が含まれる場合がある。

Categorised in: 社会・経済