お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月18日

11786:日本の緊急経済対策をどう評価するか?とやまきチャンネル紹介

清澤のコメント:黒川あつひこのオリーブの木の姉妹チャネルで朝霞市議会議員の作った動画です。政府の補助金や交付金が実はほとんど決定されていない実況が語られています。

----

話の概要は、日本の緊急経済対策をどう評価するか?108兆円と言っても真水部分は10兆円でしかない。助成金の解説は別号で発表したが、米国やヨーロッパの国々に比べて日本の個人に対する給付金の要件が厳しすぎるというお話があります。さらに、ここ数日で全員に10万という話になりそうです。持続化給付金の条件も50%減と厳しく、さらに支給時間も遅い。雇用調整助成金も3万件の相談で決定は2件しかない。休業補償も実施は1%以下でほとんど有って無きが如き状況。米国は危機感が有るのに、日本は手厚くもない。スピードも金額も違う。(中略)

今回新型コロナ特措法で施行された緊急事態宣言と、今狙われていて憲法に書き込まれる緊急事態条項は違う。政府は後者を狙っている。内閣の力を強め強権を与えようとしている。

こやまきの声としては、SNSや電話メールで市民が声を上げることも無駄ではないと主張している。東京都独自の施策も見られている。

Categorised in: 社会・経済