お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月28日

11682:人間の恐怖心を利用しパニックを起こしてる者がいないか?

【パニックは意図的に作られる?】人間の恐怖心を利用しパニックを起こしてる者がいないか?ここで冷静になってちょっと検証してみましょう【及川幸久−BREAKING−】

清澤のコメント:「今回のパニックは誰かに使嗾されたものなのかもしれない」と考える冷静さが必要なのかもしれません。それにしても相場のポラリティーの高さに圧倒されます。及川さんの今日の発言には賛成ですが、この動画ではライター名などが開示されていない?いずれにしろ、今回の恐慌で世界中の基本的コンセプトが変わるのは間違いなさそうです。それがどう変わるのかが興味の対象です。

以下が動画の要旨です:ウイルス感染者数は米国が中国を抜いた。国内でもスーパーでの買い占めパニックがおきている。米国のライターが書いている事柄で、「実際に何が起きているのか?」を解説する。インフルエンザは毎年米国では冬に感染拡大し、昨年は死者12000、感染は1300万だがパニックは起きていない。人数比較で今回は死者が1300人、感染が85000人と桁違いに少ない。これは誰かがパニックを扇動しているのではないか?目的を持ち、意図的に恐怖心をあおる。9.11の時に、全米は恐怖を感じ、民主党と共和党とがともに、アフガ二スタン戦争とイラク戦争に突入した。その結果では米国に良いことなし。豚インフルエンザ事案でもオバマ大統領が非常事態宣言を出したが、多数の感染者と死者にも関わらずパニックは起きていない。これはどうしたことか?学校休校:終わった後で出てくるのはオンライン授業でよいのではないか?であろう。誰かが、オンライン化で利益を目指しているのか?(清澤注;事案としては恐慌と授業の電子化では規模が違いすぎる。)危機の時に必要なのは冷静さだ。トランプはイースターで米国経済を再開すると宣言したが、これは正しいかもしれない。

Categorised in: 社会・経済