お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月21日

11655:恐怖指数は3月18日頃に瞬時80と高値:

清澤のコメント:追記:VIXショックという言葉が有ったので、それを調査した記事を3月2日に書いたのですが、その下書きアップを忘れているうちにVIX指数は新記録を更新し80程まで進んでしまいました。今後 リーマンショックを超えることは確かなのでしょう。恐怖指数は https://chartpark.com/vix.html チャート広場の恐怖指数のページでいつでも見ることが出来ます

VIX 恐怖指数とは?
VIX指数とは、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が作り出した「ボラティリティ・インデックス」の略称です。
VIXはS&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されており、このVIX指数は投資家心理を示す数値として利用されており、「恐怖指数」という別名が付けられています。
恐怖指数は、通常時10~20の範囲内動き、相場の先行きに不安が生じた時に数値が大きく上昇する特徴があり、過去のチャートを見ると、大きな出来事が起きた後は大きく上昇しています。

2020年3月2日 豊島逸夫の手帳
28日NY市場でVIX指数は瞬間的に49まで急騰後、パウエルFRB議長の利下げ示唆により40まで反落して引けた。40の大台を超えると変動幅も増幅する。今週も乱高下が繰り返されそうだ。

この49という数字を過去の事例と比較してみた。

リーマンショック 89

NY同時多発テロ 49

アジア経済危機  48

ギリシャ危機   46

従って、リーマンショック以下だがギリシャ危機以上ということになる。歴史に残る経済危機と言っても過言ではあるまい。

週末には2月中国PMIが製造業35.7、サービス業29.6という惨憺たる経済統計が発表された。予想されたこととは言え、過去最低の水準であり市場にはショッキングな数字であった。

Categorised in: 社会・経済