お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年2月23日

11542:バビロン大富豪の教え:動画聴講印象記

清澤のコメント:新型コロナウイルス肺炎の流行で、あまり外出が勧められない状況ですので、家で動画を見ています。

中田敦彦が語る「バビロン大富豪の教え」(注1):バビロニアの貧しい職人の息子バンシルとバビロンの大富豪アルカドの物語を紹介いたします。3部から成る動画ですが、第3部のみ引用します。アルカドに金貨の袋と知恵の袋を渡されて、金貨を倍にして来いと言われたバンシルが教えられた知恵は上記の7つであった。投資家マインドを鍛えるお話。村上ファンドの創始者、村上世彰さんの著書「生涯投資家」(注2)にもつながるお話です。

私も本日早速、原本をアマゾンで発注いたしました。

① 黄金を増やす7つ道具:収入の10分の1を貯金せよ。

② 欲望に優先順位をつけよ

③ 貯めた金に働かせよ

④ 危険や敵から金を守れ

⑤ より良きところに住め

⑥ 今日から未来の生活に備えよ

⑦ 自分こそ最大の資本にせよ

監修:文響社 ①https://youtu.be/34qLgA-9oiUhttps://youtu.be/c9qQjN4BosEhttps://youtu.be/TxuDsrNc6ZE

注1:参考文献: 「漫画バビロン大富豪の教え「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則」ジョージ・S・クレイソン(文響社) https://amzn.to/2vwA9ZP

注2:生涯投資家:「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ライブドア事件に絡みインサイダー取引を行った容疑で東京地検に逮捕され、のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。逮捕間際に言ったその言葉が印象的だった。以後、表舞台から姿を消したが近年株式取引の世界に復帰。その動向が注目されている。
本書は、その村上氏の初の諸著であり、半生記であり、投資理念の解説書でもある。
灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何をしたのか。事件となったニッポン放送株買い占めにおいて、いったい何があったのか。彼の投資哲学、日本企業への見方はどうなのか。今後何をしようとしているのか。
嫌われ者を自認する村上氏が、その実像と思いを自らペンをとって書き上げた話題作。解説・池上彰

内容(「BOOK」データベースより)

日本企業の「あるべき姿」を求めて私は闘い続けた。“村上ファンド”を率いて日本に旋風を巻き起こした男の、最初で最後の告白。


文庫: 302ページ出版社: 文藝春秋 (2019/12/5)

Categorised in: 社会・経済