お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年1月27日

11463:週休3日制でも生産性4割向上、日本マイクロソフトが新施策の成果発表:記事紹介

清澤のコメント:コンタクトレンズ販売会社の方からの情報です。本日の新聞記事:この結果は、高い生産性をあげられる業種・会社であればこそといえましょう。現在でも日本は諸外国に比べて祝日が多く、この20年は生産性が高まっていないといわれている現状を考えると、零細企業の経営者としては、この方向に進むことが単純に良いこととばかりは言えないように感じました。休みは増やせませんけれど、当医院では、この夏の休暇計画を例年ベースで決定し、準備作業を実行中です。

ーーー記事の要旨引用ーーー

清嶋 直樹=日経 xTECH/日経コンピュータ

 日本マイクロソフトは2019年10月31日、今夏に実施した働き方改革プロジェクト「ワークライフチョイス チャレンジ2019夏」の成果説明会を開いた。同社は8月の1カ月間限定で毎週金曜日を休業日とする「週休3日制」を導入した。対象の正社員約2300人は金曜日5回分を「特別有給休暇」とし、通常の年次有給休暇とは別の休暇を付与。社員がより短い時間で集中して働き、充実した余暇を過ごすことで成果を高める狙いがあった。

 社内システムのアクセス履歴や社員へのアンケートなどで調査した結果、8月の就業日数は前年同月比で25.4%減った。休業日は原則としてオフィスを閉鎖したことから、電力消費量も前年同月比で23.1%減った。

 8月の労働生産性(社員1人当たりの売上高)は前年同月比で39.9%増えた。短時間で効率よく働くために会議時間を短縮したり、移動時間を節約できる遠隔会議が増えたりしたことが寄与した。「週休3日制」に対して社員の92.1%が「評価する」と答えるなど、定性的な満足度も高かった。

 手島主税働き方改革推進担当役員は「短い時間で働くことにより創造性を高めるという点で一定の成果が出た。来夏などに同様の取り組みを続けるつもりだ」と述べた。一方で、営業や技術支援など顧客と直面する社員からは「お客様が動いているときに自分が休んでいる状況はつらい」といった不満の声が上がるなど、課題も見えてきたという。こうした課題を分析しながら、制度自体や運用方法の改善を検討する方針だ。

関連記事:日本MSが8月限定で「週休3日」に、給与を減らさず休暇を増やした狙いと覚悟

Categorised in: 社会・経済