お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年10月22日

11209:中田敦彦が「YouTubeの世界」でも成功した必然:記事紹介

中田敦彦が「YouTubeの世界」でも成功した必然:「失敗を恐れない姿勢」が彼の才能だ

ラリー遠田 : 作家・ライター、お笑い評論家 2019/10/22 5:30

清澤のコメント:この所このブログでも取り上げることの多い『中田敦彦のYouTube大学』。その主役中田敦彦についての講評です。この人は、芸人にして珍しく賢い人だと思います。この動画シリーズをどこまで続けられるのか清澤眼科医院通信でも楽しみにフォローしてみたいと思ってみています。彼はアパレルのブティック経営もしているようです。

 ――記事の要点を1200字で―――

オリエンタルラジオの中田のYouTube『中田敦彦のYouTube大学』が好調。すでに132万人を超えた。コンテンツは、歴史、経済などの入門的講義。毎回1テーマを取り上げ、わかりやすく面白く伝える。「プレゼン力の高さ」が生かされている。扱うテーマは幅広いが、個々の分野に精通しているわけではない。この講義のために猛勉強して知識を入れ、それをアウトプットする。1本30分前後の濃密な講義を毎日続けるのは驚くべきこと。

中田敦彦が成功できた理由

オリエンタルラジオの代名詞のリズムネタ「武勇伝」、音楽ユニット「RADIO FISH」での楽曲「Perfect Human」など、中田は話題作を手がけた。成功要因は、戦略的思考力と行動力と思われているが、根底はメンタルの強さ。新しいことに挑んでいけるのだ。

ほとんどの社会人は、業界の既存ルールに従って生きている。――芸人も同じ。芸人とはこういうものだ、、。多くの芸人が従う業界の不文律は確実に存在する。

「ルールに従わない」からチャンスをつかむ

中田はルールの外にチャンスがあると考える。だから、枠からはみ出して、活路を見いだすことができる。出世作「武勇伝」は、――リズムをベースのネタが画期的だった。また、「Perfect Human」、ダンサーを引き連れて歌とダンスのパフォーマンスを本気でやり切るという掟破りから人気に火がついた。最新刊『中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41』で、彼のメンタルの強さの秘密がわかる。内容としては「変化を恐れない」「評価を気にしない」など。説明の仕方に独自のクセがある。

中田は批判を恐れず、有益な批判は喜んで受け入れて、それを次に生かそうとする。有能な起業家のように、自身の活動を「仮説と検証のプロセス」と位置づける。冠番組でMCを務めたり、特番『中田歴史塾』でプレゼン芸を披露したり、さまざまな試みを行ってきた。

「失敗を恐れない」メンタルの強さ

『中田敦彦のYouTube大学』ですら、自身は思い入れが深いわけではないように見える。ヒットさせることが目的ではなく、「仮説と検証のプロセス」を回すこと自体が目的化しているのだ。企画を考えて、挑戦して、失敗して、また挑戦して、成功する。このサイクルを繰り返すこと自体が彼にとって楽しいのだろう。

中田敦彦という芸人の本当の才能は、戦略的思考力や行動力ではなく、失敗をいっさい恐れないメンタルの強さなのだ。

Categorised in: 社会・経済