お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年9月23日

11107:堀江貴文氏の動画が面白い

連休二日目。院長室でデスク周りの処理をしながらユーチューブを見ています。作業し乍ら見ると、堀江貴文氏の動画が面白いです。最近タクシーに乗ると、堀江氏の動画が流れていることが多いので、彼の復権を感じて居ます。

当ブログも11111号( エンジェルナンバー11111は、『高いレベルの創造的な思考が急速に実現へと向かう』ことを示している。 )までもう4報ほどです。最近は連休の所為か、内容の詰らなさか?一日のページビューは10000PVから少し下がり7000位と少し大人しいです。

まずはZOZOタウンの前澤前社長の会社売却に対する論評。今年になって彼の会社の荷捌き所では私の家族も深夜のバイトをした事がありましたので、興味深く聞きました。

企業のはじめとしてあそこまでに広げることは可能だが、さらに深めるのは面倒になったかもしれない。 Amazonは買わないだろうが、Yahooや楽天が買収するには適切である。 プライベートブランドもゾゾスーツも失敗していたし、 「美術品」や「火星への切符」は会社の経費にはならないから、株価が下がっていても、持ち株を売り私的な出費とせざるを得なかったのだろう。銀行借入の時点で株を手放す可能性はすでに考えていたのかもしれない。前澤氏へのメッセージは「堀江のロケット人工衛星会社に10億でよいから当時を考えてほしい」と。納得。ゾゾタウン株の売却益への課税はどうなったのだろうか?

まず青汁王子のお話。苦くないフルーツ青汁で当てたのだろうと。青汁王子は脱税で逮捕される前日まで、「テレビに出続けられるか?」というしょうもない心配をしていたそうです。別に、潰された訳ではなく、「定期的に利益の出ている会社には税務調査があるもの」だ。そして、「稼ぎなれないお金を稼ぐと、脱税を始める人は少なくない。」しかし「手元資金は残っているはずだから、N国党の立花氏なら国会議員に担ごうとするだろう」と論評しています。

次に、N国党立花氏との対談:パート1、パート2もあるのですが、その中で落選してしまいましたが、特異なキャラクターで売り出した「あの門田節子の<政見放送民放バージョン>参議院議員選挙 三重県 門田節代 (三重TVバージョン)」を紹介していました。これはすごい。さらにNHK版。

なんと、NHKで放送されたものと先の民放の2つの局ではバージョンが変えてありました!

Categorised in: 社会・経済