お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年9月20日

11098:日本政府は国連総会での日韓首脳会談見送りへ:報道記事

政府、国連総会での日韓首脳会談見送りへ 官邸関係者「韓国問題は長期戦…文政権の陽動には乗らず、必ず勝つ」今日のニュース

清澤のコメント:国連総会において、韓国大統領は日本の首相とトランプ大統領が並んだ写真を撮りたいに違いない。トランプ大統領がその仲介をするかが焦点だと言われていました。しかし、会談はせずという日本側からのニュースが出ました。韓国では、経済状況がよいといわれていた過去の時点でも、財閥系企業に勤務する人々以外に富は行き渡らず、すでに日本への怨嗟を唱える大衆の声を前に親日良識派は声を潜める状況であるとある識者が話してくれました。米国も、自国民の血を流して確保した韓国から撤退となれば、只で引き上げはしないだろうという推測が続きます。世界的な富の偏在化が強まり、ある程度のセーフティネットを外れた人々の影響力が世界中で強まっています。其れがプアーホワイトであり、反グローバリズムなのだそうです。そのような声が容易に炎上しやすいのが、ネット社会の特色なのだそうです。かつて、日本でも反米の嵐が吹いた日々もありましたが、、。

2019.9.20

首脳会談を開く段階ではない日韓関係(共同)首脳会談を開く段階ではない日韓関係(共同)

 日本政府は、米ニューヨークで来週開催される国連総会に合わせた、安倍晋三首相と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の会談を見送る方針を固めた。韓国側が、いわゆる「元徴用工」の異常判決や、輸出管理強化の原因となった安全保障上の懸念などを解消しないため、トップ会談を開く状況でないと判断した。茂木敏充外相と康京和(カン・ギョンファ)外相の会談は26日に開く方向で調整している。

 「安倍政権は『韓国問題は長期戦』『日本は間違っておらず、文政権の陽動作戦には乗らない。必ず勝つ』という共通認識を確認している。その路線に沿った判断だ」

 官邸関係者はこう断言した。

 日韓首脳会談は昨年9月を最後に途絶えているが、日本側はまったく焦っていない。文政権下による、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定にも、「韓国が困るだけだ」という姿勢だ。

 日本国内には、韓国側による工作活動の影響か、文政権での数々の暴挙を忘れたかのように、「日韓首脳は話し合え」「日本は譲歩すべきだ」と主張する政党やメディア、識者がいる。だが、外務省幹部は「日韓は首脳会談を開催できる政治状況にはない」と語る。

 一方、茂木氏が康氏と会えば、外相就任後初めて。韓国の暴走が続くなかでも、外交当局間の意思疎通は継続する方針を確認したい考えだ。

 安倍首相は今月23~26日の日程でニューヨークに滞在し、ドナルド・トランプ米大統領や、イランのハサン・ロウハニ大統領との会談を予定している。文氏も22~26日の日

程で訪米する。

Categorised in: 社会・経済