お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年7月15日

10909:仮想通貨の動向は?

清澤のコメント:ニューヨーク株式市場は未だか?もうか?という最高潮の雰囲気ですが、仮想通貨界隈には暗雲が立ち込めています。個人投資家は仮想通貨に押し寄せましたが、大手はその3倍のカラ売りを仕掛けて、その暴落を待っているという噂も聞きます。「仮想通貨に手を出すならトランプに逆らう覚悟が必要」という警告も出ています。CoinOtaku Inc. 仮想通貨ニュースというページが、 現況を良く整理してくれています。 https://coinotaku.com/news/articles/38773。私は仮想通貨には手を出しません。

 ――短縮して採録――

ビットコイン大暴落|今後の仮想通貨価格を左右する最重要ニュースランキング(7/8~7/14) 2019/07/14 19:31   kawaguchiayaka 今週はビットコインの価格が急落した1週間であった

1位|仮想通貨テザーの大量発行

米ドルにペッグされたテザー(USDT)が、9日のと10日のの2度に渡って、1億ドルずつ発行され、これによってビットコイン価格が大きく上昇した。

新規発行分のテザーによってビットコインが買い上げられ、ビットコイン価格が上昇する。テザーが関わったときのビットコイン価格上昇の一連の流れである。しかしながら、今回の発行による上昇はなかった。

今までのパターンがなくなりつつあり、その事実だけが一人歩きし、ファンダによって買い上げられている状況にも見える。

ビットコインは下落傾向。急落には十分注意。

2位|BitPointで35億円のハッキング事件

仮想通貨交換業者のビットポイントジャパンで、不正アクセスとみられるハッキング被害。このハッキングによる損失額は、数十億円にも上る。同社はすべてのサービスを停止し、サービス再開期間は未定。

3位|トランプ大統領がビットコインを批判

アメリカのトランプ大統領がビットコインに否定的な考えを発信。

「私はBitcoinや他の仮想通貨ファンではありません。それらはお金でもなく、その価値は非常に不安定で根拠の薄いモノ基づいています。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他の違法行為を含む違法行為を促進する可能性があります…」トランプ大統領は、非中央集権型の仮想通貨を否定した。しかし、トランプの発言に対して批判的な声も多い。

4位|ビットコインは金の代替品ーパウエル議長

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は上院銀行委員会で行われたフェイスブック社の仮想通貨リブラに関する質疑で、ビットコインは金の代替品として扱われていると証言(動画)。

「世界中で受け入れられているようには見えない。ビットコインが良い例だ。誰もビットコインを支払いに使っていない。人々はビットコインを金の代替品として使っている。金のように投機的な価値保存手段だ。」と述べ、ビットコインは金の代替品として価値の保存手段という役割を担っているとの認識を示した。

5位|Amazonなどでビットコイン支払いが可能

アメリカのFold社はビットコインを使って実店舗やオンラインで高速・格安な支払いを行うことができるサービスを発表した。

アマゾン、スターバックス、ウーバーなどで使える。ビットコインは仮想通貨市場の時価総額の67%を占め、ウォレット数は56万以上と最大の仮想通貨。ビットコインを決済で気軽に利用できるシーンが増えていけばより一層財布を持たなくてよい時代に近づくだろう。

6位|VISAが仮想通貨保管サービスに43億円の出資

クレジットカード大手VISA社は、機関投資家向けの仮想通貨管理サービスを手がけるアンカレッジ社に4000万ドルを投資した。アメリカで大手取引所を運営するCoinbase社からは仮想通貨決済が可能なVISAデビットカードが発行されている。

大手カード会社の仮想通貨業界への鮮やかな一手から目が離せない。

仮想通貨の週間見通し

ここまではファンダメンタルを用いて市場の分析を行った。以下にテクニカル分析を用いて、来週1週間の見通しを予想した。

ビットコイン(BTC)週間見通し|色濃く残る悪ファンダで大打撃 今後も下落が続くか | CoinOtaku(コインオタク) https://coinotaku.com/news/articles/38807

投稿日時: 2019/07/14 19:31著者: CoinOtaku 編集部 kawaguchiayaka

Categorised in: 社会・経済