お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年5月11日

10706:アメリカの4つの最新情報;神王TVから抜粋

清澤のコメント:連休後、ニューヨークも東京も株価は急落しており、市場は非常に不安定です。しかし、東京でも上海でも政府系の買い支えで無理やり暴落を抑えている模様。果たしてこのような小手先の手で今後も株価や為替は支えきれるものでしょうか?

ーーーこの動画の要点は以下の通りーーー

神王TV  からの情報。世界の株価や為替に大きな影響を与える、アメリカの4つの最新情報について 2020年のアメリカ大統領選挙と、米中通商協議と米中貿易戦争と新冷戦の行方はどうなる?という動画です。

ーーーこの動画の要点は以下の通りーーー

1、トランプ大統領のロシアゲート疑惑は一応解決した!?:

1)ロシアによる米国大統領選挙への介入はあった。しかし、トランプ陣営とロシアの共謀は報告書では否定された。ロシアの選挙介入は、プーチン大統領も介入できないロシア軍のサイバー攻撃専門のグルー第6局による米国へのスパイ攻撃だったらしい。

2)FBIの特別検察官コミー氏の解任(司法妨害の嫌疑)は灰色。トランプ大統領は勝利を宣言するが、トランプは灰色で、大統領への弾劾裁判にはならず。しかし、ロシアゲート事件自体は継続中、これは、トランプ大統領の娘のイバンカさんの次の問題がまだある。大統領選に臨む候補は株式資産を事前に米国債に替えねばならないが、イバンカさんはそれをしてなかったという話。

2、大統領選挙。ラストベルト:トランプはラストベルトのミシガンやペンシルバニアなどでは前回の選挙戦では勝ててはいない。中国の136兆円の食物中心の対米輸入策を引き出した。すべては選挙対策。今年9月のレイバーズデイ頃から米国の選挙戦が始まる。選挙で勝つためには、中道派不動票を得るために株価の維持と原油価格の安定維持を目指してくる。 日本と、EUに対する米国の優位も必要だ。無理な対日要求も出てこよう。そうすると北朝鮮問題は注目が薄れる。

3、米国の景気後退が近い

4、トランプを止める人は政権内にもういなくなった、

ーーー この書き起こし記事は完成ですが、上記 3、4の内容は次回に繰り越しだそうです。----


Categorised in: 社会・経済