お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年2月12日

10463:世界の中央銀行の金保有量が年間22%増 中国も買い増し;記事紹介

清澤のコメント: 金とドルは逆の動きをする関係だそうです。連邦準備制度理事会が2019年の利上げ減速姿勢を示したので、ドル下落、金上昇なのですが、その時には円も価値が上がるので、実際の円での金価格の動きは圧縮されます。

ーー記事概要ーー

世界の中央銀行の金保有量が年間22%増 中国も買い増し http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/14/content_74371047.htm

2019-01-14 チャイナネット

 2018年第3四半期から各国中央銀行は金を買いだめしている。うち、中国人民銀行は2018年12月、26カ月ぶりに金を買い増しした。各国の中央銀行の間でも金購入ブームが起き、金投資の先行きが期待されている。

世界の中央銀行 金保有量が年間22%増加

 米株が激しく変動し、地政学的リスクが高まり、リスクヘッジとして金投資が世界で重視されるようになっている。さらに、各国の中央銀行も金を積極的に購入し、ニューヨーク金先物価格は10日に6カ月の最高値を更新し、1オンス1300ドルに迫った。

 大陸中央銀行が公表した最新データによると、2018年12月末時点の金保有量は5956万オンスで、11月末の5924万オンスから32万オンス(約9トン)増加。

 金に対して長年冷ややかな態度をとっていた各国の中央銀行も金購入ブームに加わった。 2018年第3四半期に各国の中央銀行は金購入を大幅に増やし、世界の中央銀行の金保有量は148.4トン(22%)増加した。

 金は中央銀行の外貨準備の重要な一部である。国際通貨基金(IMF)の統計によると、2018年上半期の時点で、各国の中央銀行の金保有量が外貨準備高に占める比率は約10%となっている。

金が再び資産投資における収益「安定ツール」に

 金は世界金融市場のリスクヘッジ商品とされており、資産投資のポートフォリオの収益を均衡化させる「安定ツール」になっている。

 金とドルは逆の動きをする関係にあり、ドルが上昇すると金価格は下落し、ドルが下落すると金は上昇する。連邦準備制度理事会は2019年の利上げ減速姿勢を示し、ドルが下落すれば金は上昇するため、今年の金価格は上昇し、第1四半期に1オンス1333ドルに達すると予想している。

 ある専門家は、個人投資家はレバレッジや保証金付き商品を避け、実物の金関連資産が最も良い選択だとしている。金ETFは証券口座に実物の金として保有でき、個人投資家の購入に適しているという。

Categorised in: 社会・経済