お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年1月7日

10372:巴里はまだ燃えてる:仏デモ再び拡大

仏デモ再び拡大、5万人に…政府庁舎扉壊し侵入

眼科医清澤のコメント:まことに心配なことです。昨日の19世紀末パリの動画ご覧いただけたでしょうか。ゴーン氏の逮捕も日産を吸収合併させようとしたフランス政府マクロン大統領に対して、日本政府が社内クーデターを起こさせるという意思が働いたものであった模様で有り、日本政府とフランス政府の雲行きも怪しげです。
---
2019年01月06日 19時24分【ブリュッセル=横堀裕也】フランス各地で5日、マクロン政権への抗議デモが行われた。昨年11月17日から毎週土曜日に実施されてきたデモは、今回で8週連続となった。AFP通信によると、減少傾向にあった参加者は前週の約3万2000人から約5万人に増え、勢いを取り戻した。

パリでは、暴徒化して路上の車両やバイクに火を付けるなどしたデモ参加者に対し、治安部隊が催涙弾で応戦した。参加者の一部はパリの政府庁舎の扉を壊して侵入し、政府報道官らが避難する事態となった。

マクロン大統領はツイッターで、「共和国は再び過激な暴力に襲われた。我々が優先すべきことは対話だ」と呼びかけたが、デモの収束は見通せないままだ。

2019年01月06日 19時24分

Categorised in: 社会・経済