お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年1月28日

9556:今どきの“ネット婚活”事情とは:記事紹介

2018年は「お見せ合い婚」が増える? 今どきの“ネット婚活”事情とは

20180123 1000分 公開 www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/15/news005.html

日本の婚姻組数が年々減少する一方、“隠れ結婚ニーズ”が高くなっている。未婚男女の約7割が「恋人がいない」が、そのうち過半数が「将来結婚したい」と考えているという調査結果もある。恋人がいない(できない)理由は「出会いがないから」が最多で、男性なら約4割、女性なら約6割を占める。

そんな中、婚活サービスでパートナーと出会って結婚している人が増えている。婚活サービスを通じて出会った相手と結婚した人の割合は、4.7%(13年)→6.7%(14年)→8.3%(15年)→11.3%(16年)と急増。16年現在、およそ9組に1組が婚活サービスを介して結婚した計算になる。特にネットを活用した「恋活サイト/アプリ」「婚活サイト/アプリ」は、2.0%(13年)→4.5%(16年)と伸びが顕著だ。

清澤のコメント:知り合いにも婚活サービスでパートナーを見つけて幸せな家庭を築いている人がいます。クラブ活動や会社などを介した良い出会いがあればそれはそれで結構です。まだ、それがメジャーになっているという訳ではありませんが、これからは婚活サービスを利用するというのも一法なのでしょう。要点は、「自分をどう積極的にアピールするかという能力」も必要な時代になりつつあるという事でしょう。なお、この元の記事は、CMですから、まだそこは割り引いて考える必要もあります。


Categorised in: 社会・経済