お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年10月3日

3242:容疑者、大量の銃器保有 ラスベガス乱射の死者59人に

_98101583_gettyimages容疑者、大量の銃器保有 ラスベガス乱射の死者59人に

2017/10/3 10:11 (2017/10/3 12:57更新) 情報元 日本経済新聞 電子版

眼科医清澤のコメント:米国で銃が規制されないのは、「自分の身は自分で守る」という西部開発時代の米国の残渣ということでしょうか?バトン・ルージュで交換留学生であった日本人高校生が射殺されたハロウィーンの晩(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%B0%84%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6)のことも思い出されます。

【ワシントン=鳳山太成、ニューヨーク=平野麻理子】ラスベガスで1日起きた銃乱射事件の衝撃が全米に広がっている。少なくとも死者が59人、負傷者が527人に達する米国史上最悪の乱射事件となり、犠牲者を悼む声が広がった。捜査では容疑者が大量の銃器や弾薬を所有していたことが判明した。

米ネバダ州ラスベガスで1日起きた銃乱射事件は、死者が少なくとも59人、負傷者は527人にのぼり、米国史上最悪の乱射事件となった。トランプ大統領は声明で哀悼の意を表した。
事件発生翌日の2日、トランプ大統領は「我々の国は傷心している」と語り、ホワイトハウスの屋外でメラニア夫人らと黙とうをささげた。全国の政府機関などで弔意を示す半旗を掲げるよう求めた。

捜査当局は犯行後に自殺した白人の男、スティーブン・パドック容疑者(64)の動機解明に全力を挙げている。捜査当局は「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型の犯行とみている。容疑者に重大な犯罪歴はないが、犯行を周到に準備していた可能性が高まった。

史上最悪となった今回の事件が米国の銃社会を変えるとの見方は現時点で少ない。トランプ政権は集票力の大きい全米ライフル協会(NRA)の支援を受ける。


Categorised in: 社会・経済