お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年5月10日

8831:大学病院で歯科医刺される…30歳医学部生を逮捕 命に別条なし :記事紹介

大学病院で歯科医刺される…30歳医学部生を逮捕 命に別条なし

眼科医清澤のコメント:これは怨恨なのでしょうか?いずれにしろ、大学病院をこの様な事件の舞台にさせてしまうということは、好ましくないことです。それにしても、医学部4年生で30歳ということはだいぶん遠回りしています。

20170509s00042000264000p_thum東京都文京区の東京医科歯科大歯学部付属病院
Photo By 共同

 東京・JR御茶ノ水駅の近くにある東京医科歯科大歯学部付属病院で9日、「医師が刃物で刺された」と病院関係者から110番があった。病院の非常勤歯科医師の男性(41)が左脇腹や首を刺され、病院内でそのまま手当てを受けた。

 警視庁本富士署は殺人未遂容疑で日本医科大医学部4年生(30)を現行犯逮捕。凶器とみられる牛刀(刃渡り約21センチ)とペティナイフ(同約15センチ)が現場となった病院6階の処置室に落ちていた。事件当時、処置室のドアは開いており、同署は侵入後、両手に刃物を持っていきなり襲撃したとみている。病院内のトイレで見つかったショルダーバッグにも包丁が入っており、医学部生が持ち込んだ疑いがある。

 医学部生は「刺したことは間違いないが、殺意はなかった」と供述。2人は顔見知りで、同署は何らかのトラブルがあった可能性があるとみて調べている。

 現場付近にいた患者によると、男性歯科医は顔の付近をガーゼで覆われていて、事務職員とみられる女性が「先生!」と叫ぶなど騒然となった。

[ 2017年5月10日 05:30 ]

Categorised in: 社会・経済