お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年4月16日

8762:米軍はアフガニスタンでISISに対してMOABを使用したと報じられています。

清澤のコメント;米軍がシリア政府軍に対するミサイル攻撃に続き、アフガニスタンでISISに対してMOABを使用したことが報じられています。
ネット記事を見ると、今後米軍には1)特殊部隊を使って北朝鮮の金正恩を殺害する。2)大規模な空爆で北朝鮮のミサイル群を瞬時にすべて破壊し尽くす。の2つが考えられるが、ミサイルを一発でも打ち漏らしたらそれが日本に向けて発射されることは大いに考えられます。朝鮮半島における緊張も高まっており、このまま米国が事態を静かに収束させられるかが危惧されます。

images

米軍の発表した動画です。2017/04/14 に公開

在日米軍・嘉手納基地(沖縄県)に駐留するアメリカ空軍・第18航空団が、基地警戒レベルMAXの抜き打ちでの、完全武装の戦闘機などを滑走路上に並べる(エレファント・ウォーク)演習を2017年4月12日に行った。

この演習の目的は、チーム・カデナ(嘉手納基地の兵士たち)はどんな状況でも準備ができており、沖縄やアジア太平洋諸国の同盟国へ攻撃があった場合に、航空団のすべての戦闘力を迅速に展開できることを示しています。

Categorised in: 社会・経済