お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年2月6日

8562:他人のiPS移植患者募集、理研 重い目の病気、臨床研究

他人のiPS移植患者募集、理研
重い目の病気、臨床研究
fig>(http://www.riken.jp/pr/topics/2017/20170206_1/)

 他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植する臨床研究を厚生労働省が了承したのを受け、理化学研究所などのチームが6日、神戸市で記者会見し、対象となる患者の募集を始めたと明らかにした。

 対象は視力低下や視野のゆがみが起きる「滲出型加齢黄斑変性」の患者で、理研などは2014年、患者本人から作ったiPS細胞を使った移植を初めて実施している。

 今回の計画では、京都大が備蓄する、他人に移植しても拒絶反応が少ないとされる特殊な免疫の型の細胞から作ったiPS細胞を使う。

【主要】【社会・科学】 2017/02/06 18:14

眼科医清澤のコメント:以前東京医科歯科大学でご一緒させていただき、現在は理研で研究されている杉田直先生がお話になっていたお話の続きでしょうか?本人の細胞から作ったiPS細胞には発がん性の見られる場合があり、安全な遺伝子を持つ培養網膜色素上皮を用いるというお話かと思います。
被験者募集要項などはこちらからリンクがあります。http://www.riken.jp/pr/topics/2017/20170206_1/

杉田先生の実験紹介記事:https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54673839.html

Categorised in: 社会・経済