お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年12月10日

8393 :トランプ氏当選へ「ロシアがサイバー攻撃」 CIA分析:記事紹介

トランプ氏当選へ「ロシアがサイバー攻撃」 CIA分析

ワシントン=杉山正 2016年12月10日19時58分

 米中央情報局(CIA)が、米大統領選で共和党のトランプ氏が勝つようロシアがサイバー攻撃を仕掛けたと結論付けたと米紙ワシントン・ポスト(電子版)が9日伝えた。

清澤のコメント:これはまた恐ろしいお話です。ソ連は以前から秘密警察も強く、国内外での破壊活動もあったようですが、ソ連が解体されて東西の緊張が解けた後は少しは静かになったと感じておりました。最近になって、中央集権が強まっているのでしょうか?

一方、日本のメガバンクが安倍政権から対ロシア融資を持ち掛けられて、困惑しているというニュースもあります。北方領土の返還を求める見返りに、ロシアへの融資をという考えのようですが、アメリカが対ロシアの態度を強めたときには、制裁を受ける恐れがあるではないか?と心配しているということです。

 韓国の政変といい、トランプ氏の大統領選勝利といい、多くの予期せぬ事態が頻繁に起きています。いずれも多くの陰謀術策が渦巻く今の世界の状況を反映しています。

 ナイーブな日本の政府は、幸いなことにこのような情報戦からは取り残されていますが、次のステップでは何らかの大きな損害を被るのではないでしょうか?それが第二次大戦前の米国による日本への石油の禁輸のような、日本を暴発に導くような物でなければよいのですが。
  -----
 大統領選では、民主党全国委員会(DNC)や同党のクリントン氏の陣営がハッキング被害にあい、メールが相次いで内部告発サイト「ウィキリークス」上に暴露された。

 同紙によると、情報当局がウィキリークスに数千通のメールを提供した複数の人物を特定し、その人物らはロシア政府に関係していたという。

 また、ニューヨーク・タイムズによると、ロシアは共和党側にもサイバー攻撃を仕掛け情報を得たが、暴露せず、そのまま保持しているとみられるという。

 一方、米ホワイトハウスは9日、ロシアによるハッキング問題に関し、オバマ大統領が情報機関に対し、来月の政権移行前に調査報告書をまとめるよう指示したことを明らかにした。

 ホワイトハウスのシュルツ副報道官は、報告書は選挙結果に異議を唱えるものではないとしつつ、「大統領は非常に重大と考えている」と強調した。ロイター通信によると、モナコ大統領補佐官(国土安全保障・テロ対策担当)も同日、サイバー攻撃自体は珍しくないとしながらも、「(今回は)一線を越えた可能性がある」と警告した。

 一方、トランプ氏の政権移行チームは同日、声明で「選挙はずいぶん前に過去最大級の勝利で終わった。今は前進し、『米国を再び偉大にする』時だ」とした。(ワシントン=杉山正)

Categorised in: 社会・経済