お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年11月23日

8350:土・日曜と重なる祝日が多い2017年

土・日曜と重なる祝日が多い2017年:ということがネットに書かれていました。(http://www.toushin-1.jp/articles/-/2246)

【「2017年問題」と言えるほどではないので、おまけ扱いになりますが、2017年は土・日曜と重なる祝日がやたらと多い年です。カレンダーを見てみると、1月1日、2月11日、4月29日、9月23日、12月23日の祝日が土・日曜となります。

2016年は土・日曜と重なる祝日がなかったため、それと比べると何だか損した気分になります。前年同月比の数字を公表する小売、外食やウェディング関連の企業の中には、思わぬ数値が出てびっくりすることがあるかもしれません。】

清澤のコメント:
 日々病気が治って喜ぶ患者さんを診るのが目的の医療機関ですから、「患者さんが多いことを喜んでいてはいけない。」とある患者さんに言われたことがあります。その声は耳に残っているのですけれど、暇であるよりは、忙しくありたいと思う小さな町の診療所の院長です。
 祝日が日曜日の場合には、翌日が休みになると思っておりましたが?違いましたっけ?休みがあれば、その前後が込み合うことで平準化されそうなものではあるのですが、実際にはカレンダーを見て、休日が入り月当りの診療日が一日減っていると、その月の診療報酬総額は5%ほど減ります。これほどの大きな要因であれば、職員の努力で補えるものではありません。
 上の記事を書いた記者は、そこのところに気が付いて居るのかもしれません。

Categorised in: 社会・経済