お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年11月20日

8340:高所得高齢者の負担増、医療費1000億円抑制 政府原案

高所得高齢者の負担増、医療費1000億円抑制 政府原案

眼科医清澤のコメント:トランプ氏の米国では収入の低い層への漸く出来たセイフティーネットのオバマケアを縮小するそうですし、ある意味やむをえないか?と思わぬでもありません。しかし、そこには医療や福祉を有望な産業とみる視点は全く抜け落ちています。行政としては、公的負担をあまり増やさずに、豊かな個人の医療支出を現在以上に私費診療や混合診療に向けさせるという方向性もありうるかもしれません。

2016/11/20 1:31日本経済新聞 電子版

 財務・厚生労働両省は2017年度予算案で医療費の伸びを1000億円規模抑制する政府原案をまとめた。高齢化に伴う急激な医療費膨張に歯止めをかけ、社会保障費の自然増を抑える。高所得で経済力のある高齢者に一定の負担を求め、外来時の負担を増やしたり、初診料に追加負担が求められる病院を拡大したりする。高齢者の過度な優遇を見直す。

 政府は16~18年度の社会保障費の自然増を1.5兆円に抑える目標を立てている…

Categorised in: 社会・経済