お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年7月8日

7937:車掌「コンタクトレンズ忘れた」 JR長崎線、一部回送

news_xlarge_tw_2m67937:車掌「コンタクトレンズ忘れた」 JR長崎線、一部回送 2016年7月8日12時09分

 8日早朝、JR長崎線の肥前大浦(佐賀県太良町)発門司港(北九州市)行き普通列車の男性車掌から「コンタクトレンズを忘れた」と博多車掌区に連絡があった。午前5時40分発の予定だった列車は代わりの車掌がいる肥前鹿島駅まで回送し、約50人に影響が出た。遅れはなかった。

 JR九州によると、車掌は20代。前日から肥前大浦駅の隣の多良(たら)駅に泊まっていたが、朝になって替えのコンタクトレンズがないことに気づいたという。同社は「今後このようなことがないよう、再発防止を図りたい」としている。(浜田祥太郎)

眼科医清澤のコメント:お気の毒に、コンタクトレンズなしでは必要な視力が得られぬ車掌さんだったのでしょう。我々コンタクトレンズを扱う者も、このように緊急に必要な場合もあるのだと自覚して販売に当たりたいと思わせるニュースでした。

Categorised in: 社会・経済