お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年5月31日

7802;中国人との対応における面子と圏子の重要性について聞きました。

今年のお盆は上海に講演旅行に行こうかと準備を始めています。昔、日本で学んで帰国したOさんが、「病院の講演会に」と声をかけてくださったのです。そこで、上海の郊外に当たる蘇州に勤務しているはずの旧友のI君に連絡を取ってみました。

相しましたら、彼の2年に亘った中国勤務は終わって、彼は既に東京にいました。彼が今日は訪ねて来てくれたのです。先ず中国での航空券の予約には、氏名のほかに、パスポートナンバーが必要なのだそうです。支払いも中国払いにして正規航空券発見の証書を出してもらっておかないと、中国の病院の税理士さんは経費として認めないだろうとのお話でした。

夕飯の時、彼が中国人との付き合いにおける面子と圏子の重要性を教えてくれました。聴いた話ですが、ネット記事(http://ameblo.jp/hagure1945/entry-12031198757.html)も参考に思い出してまとめてみましょう。

先ずは「面子」。中国人は他人の前で批判されることを日本人以上に嫌い、若しそのような目に遭うと相手に恨みを残すのだそうです。その後にその相手の協力を求めるのは、非常にむつかしくなるそうです。中国人留学生を指導するような場合には、この点は心しないといけないでしょう。部下や後輩に悪い点が有っても、あからさまに指摘してはいけないという事のようです。外交の場面でもその面子は重んじられ、中国を代表する政治家でも面子を失うことは強く恐れるのだとか。

次が中国人の重要な人間関係の仕組み「圏子」(チュエンズ:Quan zi)。
同程度の経済力、趣味嗜好、ライフスタイル、考え方を持つ、関係性が深い人間同士の集まりの範囲。中国の人にとって一番近しい関係にあるのは家族、親族ですが、家族や親族は圏子には含まないそうです。1人が複数の圏子に属しているという事です。

圏子という仕組みは「仲の良い友達」という以上に固い結束をほこる人間関係。もし圏子内のメンバーの誰かが困難に直面すれば、他のメンバーは自分のツテや能力を駆使して全力で困難に直面しているメンバーをサポートします。

圏子のメンバーは相手を助けたことに対する報酬等は期待しません。頼む側も相手に対する遠慮はあまりしません。しかし、目の前の困難を解決してもらったお礼としての贈り物は重要なのだそうです。

圏子の間では、不必要に高価なモノを贈ってもあまり喜ばれず、実用的であることと希少であることが重要であると。日本の医薬品や化粧品は、圏子内の贈り物としての価値が高いので、中国人の土産用に人気があるのだと。

SHA00702-01Fairmont Peace Hotel(フェアモント/和平飯店)
彼に聞くと、上海の和平飯店では今も上海バンスキングのようなジャズをやっているだろうとのこと。何とか訪ねてみたいものです。

Categorised in: 社会・経済