お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年5月5日

7718:子供の数は減り続けている

PK2016050502100062_size0本日はこどもの日。実家の古い武者人形が風を浴びなくなって何年になったことでしょう。子供の数は減り続けている

驚いたことに、自分が生まれたころに比べて、子供の数は半減しているのですね。

当医院では最近3年ほどは産休中の人が常に一人以上はおり、産休を経て子育て中の職員もずいぶん増えて来ました。

産休明けの人は子供の病気での急な休業や早退もありますから、余裕のある出勤体制も必要で、その人事管理をするリーダーも大変でしょう。子供のいる方ばかりではありませんから、そちらを喜んでいるばかりでは不公平かもしれません。

それでも、それはそれで、医院を囲む人の数が増えてくれることは当院長には大きな喜びです。

Categorised in: 社会・経済