お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年4月17日

7659 共和クルーズ氏、ワイオミングで大勝

cruz-wyoming共和クルーズ氏、ワイオミングで大勝 代議員14人を獲得

米大統領選に向けた共和党の候補者指名レースは16日、ワイオミング州で14人の代議員を争う党大会が開かれ、テッド・クルーズ上院議員が全員を獲得して勝利を収めた。 クルーズ氏は同州キャスパーの会場で演説し、同党の首位を走る実業家のドナルド・トランプ氏がもしも指名を獲得すれば、本選で民主党のヒラリー・クリントン前国務長官に勝利を許すことになると主張。(元記事はhttp://www.cnn.co.jp/special/us_election2016/#election2016)

次の大きな山がニューヨーク州なのでしょうか?

清澤のコメント:既成の共和党候補者が市民の声を代弁できていないとしての理由で共和党ではトランプ候補が今までは有利に選挙戦を進めてきた訳ですが、言うことが乱暴あるいは政治には素人ということで彼を候補者にすることに対する危惧も強いそうです。米国の大統領選挙とはいえ我々日本人にも影響は大きいことなので眼が離せません。

◎CNN代議員数集計(CNN代議員数集計は予備選及び党員集会の結果と、民主党の「特別代議員」及び共和党の「非誓約代議員」に関するCNNの独自調査に基づく:とのこと)

○共和党 (全代議員数:2472)
(1237 人の代議員が指名獲得に必要)
トランプ 758
クルーズ 538
ケーシック145
ルビオ173

○民主党 (全代議員数:4765)
(2383 人の代議員が指名獲得に必要)
クリントン 1790
サンダース 1113

Categorised in: 社会・経済