お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年4月14日

7648:Retcam取扱い会社の方のご来訪を戴きました。

Retcam取扱い会社の方のご来訪を戴きました。

retcam3-handpiece-250 Retcamは小児の眼底を撮影できる手持ちのカメラで、国内でもすでに100ほどの医療機関に採用されていますが、従来取り扱ってきた機械業者さんがその扱いを取りやめたため、株式会社アイネクストという会社がその扱いを引き受けたという事で、セールスディレクターのSさんが訪ねてきてくださいました。

 前の会社が取り扱いを停止するという事への驚きは小児眼科を扱う眼科医のメーリングリストで見た覚えがありましたが、この会社での扱い開始も同メーリングリストですでに公表されていたのだそうです。

retcam3-image01 製造会社CLARITYのホームページにもこの機会の秀逸さを記載してあり、未熟児や家庭内暴力での眼底出血の撮影にも適しているという事でした。下にその一部を翻訳して引用致します。

注:水曜日午前中の院長業務時間にゆっくりといろいろなお話を伺うことが出来ました。まだ当医院ではこの機材は導入できてはおりません。
  ----
クラリティメディカルシステムズが製作するRetcam 3

新生児や小児網膜イメージングのための主要な選択肢

RetCam 3は、病院や診療所のための完全に統合された広視野デジタルイメージングシステムです。このフル機能を備えたシステムは、新しい、再設計されたカート、ソフトウェアのユーザーインターフェイスと人間工学に基づいたハンドピースと眼科的に可視化し、写真資料の新しい世代を提供します。

オプションは、 FA (フルオレセイン血管造影)と5種の交換レンズを含みます。

この堅牢なシステムは、プライマリケア、病院、手術室やNICUsに最適です。
retcam-3-L
大規模な病変を可視化し、施術を可能にする赤道から赤道までの画像。最高の状態で広視野をイメージング化します:
•より早く
•より簡単に
•高解像度

Categorised in: 社会・経済