お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月8日

4695 【五輪招致】東京がプレゼン、安倍首相「状況はコントロール」安全約束

【五輪招致】東京がプレゼン、安倍首相「状況はコントロール」安全約束

安倍総理大臣の登場など政府が積極的になっているというところが前回とは違うという気がしますけれど。さて良い結果は出るのでしょうか?オリンピック2020の開催地決定まであと15分です。
ーーーーーーー
20130907-627843-1-N
IOC総会で、東京のプレゼンテーションをするニュースキャスターの滝川クリステルさん(共同)

 2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会が7日、ブエノスアイレスで開かれた。東京は最終プレゼンテーションで、安倍晋三首相が東京電力福島第1原発の汚染水漏れについて「状況はコントロールされている。私たちは決して東京にダメージを与えない」と安全を約束した。開催都市は同日夕(日本時間8日早朝)に決定。
20130907-627769-1-N
 質疑応答でノルウェー人委員から出た「福島の問題が毎日報道されているが、東京に影響がないという根拠は」との質問に対し、安倍首相は具体的なデータを示し「健康問題には今までも、現在も、将来も問題ないと約束する」と答えた。

 約100人の国際オリンピック委員会(IOC)委員にアピールする最後の場。冒頭で高円宮妃久子さまがフランス語と英語で被災地支援への謝意を述べられ、会場の雰囲気が引き締まった。

 続いて宮城県気仙沼市出身でパラリンピック陸上の佐藤真海選手が登場して発言者を1人ずつ紹介すると、盛大な拍手が起こった。佐藤選手は大学時代に骨肉腫で右の膝下を失った経験や震災の津波で実家が被害を受けたことを明かし「スポーツは人々を笑顔にする力がある」と呼び掛けた。

Categorised in: 社会・経済