お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年9月16日

12266:糖尿病が理由の眼科の要再検査ではどんな検査をするのか?日刊ゲンダイ自著記事紹介

清澤のコメント:糖尿病が理由の眼科の要再検査ではどんな検査をするのか?は、(更新日:2020年09月16日、by 清澤源弘、バックナンバー)、高血糖を指摘された場合に眼科で行われる標準的な検査を説明しました。「視力検査」、「眼圧測定」、瞳をひらいて(散瞳)おこなう「細隙灯顕微鏡検査」と「眼底検査」です。日本中ですべての眼科医が高血糖で眼科受診を勧奨された患者さんの受診をお待ちしています。出典;https://hc.nikkan-gendai.com/articles/275378 紙面繁忙の為、公開日:2020年09月16日のネット限定の連載記事です。

写真はイメージ

写真はイメージ(C)PIXTA

【Q】職場の検診で高血糖が指摘され、糖尿病の眼科検査を指導されました。不安なのですが、眼科検査は本当に必要ですか?どんな検査をするのですか?

【A】職場検診や人間ドッグで血糖が高いことを指摘され、眼科受診を勧められて来院される患者さんが週に数名おられます。糖尿病の自覚がない、あるいは数年前から指摘されているけれども視力障害の自覚はないという方もおられます。自覚症状も時間もないから受診はパス、という方もいることでしょう。

 さて、高血糖を指摘された場合に眼科で行われる標準的な検査は、「視力検査」、「眼圧測定」、瞳をひらいて(散瞳)おこなう「細隙灯顕微鏡検査」と「眼底検査」です。もし、眼底出血などが見つかれば、治療の方法を決定するために「3次元網膜画像解析検査」(OCT)や「蛍光眼底撮影」なども追加されるかもしれません。所要概ね2時間。瞳が開いた状態が続いている間はまぶしさとぼやけが数時間残るので、当日は運転しないでご受診ください。

 糖尿病は高血糖により血管が脆くなり、全身のさまざまな臓器に害をもたらします。目にも様々な影響が出ますが有名なのは網膜症です。放置すれば失明に至ることがありますが、早期に発見し全身管理を含めて適切な治療をおこなえば、悪化を免れることができます。

 最近、米国糖尿病学会が糖尿病による失明を予防しようというキャンペーンを始めています。そのメッセージはシンプルです。「あなたがよい視力を当たり前のことと考えるのは簡単です。しかし、あなたが失明することを想像するならその光景は壊滅的です。」2020年現在、糖尿病は米国の18~64歳の人々の失明の主な原因です。そして多くの場合、明らかな失明の兆候や眼症状はありません。しかし、毎年定期的に目の検査を受ければ、糖尿病によって引き起こされる失明の95%を防ぐことができます。糖尿病の眼症状に対抗するための3つのステップがあります。

《ステップ1:糖尿病のリスクを知る》

 糖尿病の初期症状は見逃しやすいため、多くの人が何年もの間、前糖尿病または糖尿病に気づいていません。糖尿病眼合併症の予防と早期発見には、年に1回の包括的な眼科検査が重要です。糖尿病は目の奥の眼底にある小さな血管に影響を与えます。眼科医は、目の検査によって患者さんが症状を自覚するよりずっと前に異常を検出することができます。

《ステップ2:糖尿病性眼疾患の兆候を知る》

 糖尿病性眼症では無視できないほど深刻な状態になるまで自覚できるような兆候や症状が出ないことがあります。突然、視界のぼやけ、視野内に暗い点が出る、光の点滅が見える、浮遊物が増加する、暗所で見難くなる、といった症状が出て失明に至ることがあります。定期的に包括的な目の検査を受けることで兆候を捉え、治療を開始して失明に至るのを避けることができます。

《ステップ3:目の健康を管理する》

 定期的な眼科検査によって糖尿病眼症を予防、あるいは発症を遅延させることができます。しかし、多くの糖尿病患者は定期的眼検査を受けておらず、発見が遅れています。糖尿病を指摘されたら少なくとも年に1度は眼科を受診しましょう。

追記:後半部分は米国糖尿病学会のキャンペーン記事の抜粋です。言っていることに大きな問題はありません。糖尿病が診断されたり、糖尿病疑いと言われた方には定期的な眼科受診を重ねてお勧めいたします。この記事では詳しい糖尿病網膜症の説明は割愛しました。(2020年9月16日)

Categorised in: 糖尿病網膜症・加齢黄斑変性 (網膜疾患)