お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年11月27日

11328:重度の睡眠時無呼吸を伴う糖尿病患者で治療抵抗性糖尿病黄斑浮腫のリスクは高い

眼科医清澤のコメント:睡眠時無呼吸が糖尿病黄斑浮腫のリスク因子であるという発表がAAO 総会でなされた。以下の文書はAAOのホームページで公表されたオリジナルのリリースを和訳したものです。いかにもありそうな関連と思います。

----

2019年10月14日
糖尿病患者の盲目疾患に関連する睡眠時無呼吸
新しい研究は、重度の睡眠時無呼吸を伴う糖尿病患者が治療抵抗性糖尿病黄斑浮腫のリスクが高いことを示している。

台湾の新しい研究では、重度の睡眠時無呼吸は、失明や失明を引き起こす可能性のある糖尿病の合併症である糖尿病性黄斑浮腫を発症する危険因子であることが示されている。糖尿病性黄斑浮腫も、重度の睡眠時無呼吸の患者では治療がより困難でした。初期の研究では2つの状態の関連性が弱いことが示されていたが、睡眠時無呼吸は基礎疾患を悪化させるという証拠が増えている。研究者は本日、米国眼科学会の第123回年次総会であるAAO 2019で研究を発表した。

糖尿病の人が血糖値をうまくコントロールできないと、目の後ろの小さな血管が損傷する可能性がある。この状態は糖尿病性網膜症と呼ばれ、米国では失明の主な原因です。

時には、小さな膨らみが血管から突出し、網膜に液体や血液が漏れることがあります。この液体は網膜の領域に腫れや浮腫を引き起こし、はっきりと見ることができる。

睡眠時無呼吸は、呼吸が繰り返し停止および開始し、睡眠を妨害し、血中酸素濃度を低下させる睡眠障害である。酸素のこの低下は、血管を傷つける役割を果たす可能性のある体の多くの変化を解き放つようだ。睡眠時無呼吸の人は、高血圧、心臓発作、脳卒中、2型糖尿病を発症するリスクがある。

しかし、眼はどうか?研究者は、睡眠時無呼吸は、インスリン抵抗性を高め、炎症を高め、血圧を上げることにより、糖尿病性網膜症の発症と悪化の一因になると考えている。

さらに研究するため、主任研究者のJuifan Chiang氏と同僚は、台湾のChang Gung Memorial Hospitalで8年間にわたって糖尿病性網膜症と診断されたすべての患者のデータを調べた。彼らは、重度の睡眠時無呼吸の割合が、糖尿病性黄斑浮腫のない患者と比較して、糖尿病性黄斑浮腫のある患者で有意に高いことを発見した(80.6%対45.5%)。彼らはまた、睡眠時無呼吸が悪化するほど、黄斑浮腫が悪化することも発見した。また、重度の睡眠時無呼吸は、黄斑浮腫を制御するためにより多くの治療を必要とする患者に多く見られた。これらの患者は、医学療法またはレーザー療法の3回以上の治療を必要とした。

「これらの結果に基づいて、より多くの医療専門家が糖尿病性黄斑浮腫の危険因子として睡眠時無呼吸に近づくことを期待しています」とチェン博士は述べた。 「これにより、早期の医療介入が可能になり、患者はより多くの視力を維持し、全体の健康を可能な限り維持することができる。」

Categorised in: 糖尿病網膜症・加齢黄斑変性 (網膜疾患)