お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年11月17日

11309:ブルーライトのダメージで視力低下や失明も:記事紹介

清澤のコメント:炎天下の戸外では暗い室内でスマホを見る場合の10万倍の照度になるといわれ、室内でスクリーンを見る作業程度では網膜への光障害は起きないという説もあります。私は米国眼科学会AAOの公示するその説に与する立場です。しかしこのような記事も出ていることは覚えておくべきでしょう。

ブルーライトのダメージで視力低下や失明も
Blue Light Dangers

2018年11月2日(金)16時40分 リサ・スピアー

米大学の最新研究で視細胞がダメージを受けるメカニズムが判明
<スマホやパソコンの画面から出るブルーライトが目の網膜を傷つけるメカニズムが明らかに>
スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトが目の網膜を傷つけ、視力低下につながることはよく知られている。だが最近の研究で、失明を加速させかねないことも分かった。
視野の中心部分が見えなくなる黄斑変性症は、高齢者に比較的多い病気だ。ブルーライトを見続けると、光を感知する網膜の視細胞が反応して黄斑変性症のダメージを加速させる恐れがあると、米トレド大学の研究者らが7月5日付の英オンライン学術誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
ブルーライトというとスマホやパソコンを思い浮かべがちだが、太陽光や蛍光灯、蛍光電球、LED照明などの光にも含まれている。「私たちは絶えずブルーライトにさらされており、目の角膜やレンズでは遮断したり反射させたりできない」と、トレド大学のアジス・カルナラスネ助教(化学・生化学)は言う。
黄斑変性症は網膜の視細胞が死滅することによって起きる病気で、発症年齢は普通50~60歳だ。アメリカでは視力低下や失明の原因の第1位。疾病対策センター(CDC)によれば、新聞を読んだり、車を運転したりするのが難しくなるなど日常生活に支障をきたす恐れがあるという。
研究チームは、ブルーライトと網膜上の信号伝達物質が反応して、視細胞を死滅させかねない有害な化学分子を生じさせることを発見。網膜の視細胞は再生しないだけに厄介だ。
目と体に存在するビタミンE由来の抗酸化物質α‐トコフェロールによって、視細胞の死滅を防げる可能性も明らかになった。だが加齢とともに有害な分子と戦う能力は失われ、「その結果、深刻なダメージが起きる」と、カルナラスネは警告する。
研究チームはテレビやスマホやタブレットの画面が発する光を測定し、日常的にブルーライトにさらされる場合の目の反応をさらに詳しく調べている。「ハイテク時代に子供たちの視力を守る方法を突き止めたい」と、カルナラスネは言う。
それまでは暗闇でスマホなどを見るのは避け、ブルーライトをカットするサングラスを掛けるなどして目を守るべきだ。

<本誌2018年10月30日号掲載>

Categorised in: 糖尿病網膜症・加齢黄斑変性 (網膜疾患)