お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年4月13日

7644:眼底自発蛍光フル活用(安川 力 編集企画):を購入しました。

7644:眼底自発蛍光フル活用(安川 力 編集企画):を購入しました。

27684005_1
仙台の学会で眼底自発蛍光の活用法を記載した薄い本を購入して来ました。よさそうな本です。大急ぎで目を通してしまいましょう。

OCULISTA Monthly Book No.34(2016−1月号) 眼底自発蛍光フル活用

村上 晶 (編集主幹), 高橋 浩 (編集主幹), 安川 力 (編集企画)
臨床および研究分野での応用が期待されている眼底自発蛍光検査。その特長や、種々の疾患に対する有効な活用法を、豊富な経験をもつ執筆陣が分かりやすく解説
    
 ーー内容の抜粋ーー
加齢黄斑変性前駆病変と眼底自発蛍光:原千佳子
 国際分類を中心に自発蛍光所見を解説

滲出型加齢黄斑変性:寺尾信宏ほか
 タイプ1と2のCNV,PCV,RAPなど

萎縮型加齢黄斑:篠島亜里
 励起光を短波長にした時と長波長にした時で見えるものが違う

強度近視眼底:石田友香ほか
 限局性委縮、脈絡膜新生血管退縮後の萎縮、ラッカークラック、単純出血、ラディアル・トラクトほか

中心性漿液性脈絡網膜症 藤田京子
 低蛍光、過蛍光

網膜色素変性 小倉俊太郎ほか
ゴールドマン視野で測定される視野は7,3年で半減。

遺伝性黄斑部変性 上野真治

(続く:準備継続中)

発売日:2016/01/22
出版社:全日本病院出版会
サイズ:26cm/5,74p
利用対象:医療従事者
ISBN:978-4-86519-034-2

Categorised in: 糖尿病網膜症・加齢黄斑変性 (網膜疾患)