お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年2月1日

12624:類皮嚢胞 Dermoid Cystとは?

清澤のコメント:しばらくぶりに以前某大学に紹介し、その時には切除しないことになった眼瞼類皮嚢胞の若い患者さんが再来してくださるという電話を戴きました。そこでデルモイドチストについて最新の記載を採録してみました。参考にした記事は: Christina Scott 05-12-2020の https://aapos.org/glossary/dermoid-cyst です

類皮嚢胞とは何ですか?:

類皮嚢胞は、異常な場所にある正常な非癌性組織の異常増殖です。類皮嚢胞は全身に発生します。目の中や周りのものは通常、皮膚、髪、および/または脂肪で構成されます。

目の周りの類皮嚢胞はどこにありますか?

目の上または周りに発生する2つの主要な類皮嚢胞タイプがあります。 まず、眼窩の類皮嚢胞は通常、眼窩の骨に関連して見られます。 第二に、眼球上類皮嚢胞が眼の表面に見られます。 眼球上類皮嚢胞には2つの典型的な場所があります。 場所の1つは、目の前の透明な部分である角膜と、目の白い部分である強膜の接合部です。 これは輪部の類皮嚢胞です。 眼球上類皮嚢胞の2番目の場所は、眼の表面で、眼瞼が外眼角で出会う場所であり、これはしばしば皮膚脂肪腫または脂肪皮膚症と呼ばれます。

眼窩の類皮嚢胞は何に似ているか?

眼窩の類皮嚢胞は、それに接する眼窩の骨に変形を来すことがある。隣接する骨の窪みの中に有ったり、骨に接着していることもある。時に、しれが卵形の塊として現れます。塊は滑らかでしっかりしていて、痛みはありません。腫瘤の上にある皮膚は正常な外観です。類皮嚢胞はダンベル型で、+シの受が眼窩の毛の外分にあり、残りの部分が眼窩の縁の内側(脳の隣)にある場合があります。類皮嚢胞は嚢胞であり、通常、黄色の脂っこい物質で満たされています。

眼窩の類皮嚢胞はどのように見えますか?

眼窩の類皮嚢胞は、眼窩の骨に隣接する皮膚の下に卵形の塊として現れます。 塊は滑らかでしっかりしていて、痛みはありません。 腫瘤の上にある皮膚は正常な外観です。 類皮嚢胞は、隣接する骨を変形させて、骨のくぼみに座ったり、骨に固定したりすることがあります。 類皮嚢胞はダンベル型で、質量の半分が眼窩の縁の外側部分にあり、残りの部分が眼窩の縁の内側(脳の隣)にある場合があります。 類皮嚢胞は嚢胞であり、通常、黄色の脂っこい物質で満たされています。

眼窩の類皮嚢胞はどのように見えますか?

眼窩の類皮嚢胞は、眼窩の骨に隣接する皮膚の下に卵形の塊として現れます。 塊は滑らかでしっかりしていて、痛みはありません。 腫瘤の上にある皮膚は正常な外観です。 類皮嚢胞は、隣接する骨を変形させて、骨のくぼみに座ったり、骨に固定したりすることができます。 類皮嚢胞は時にダンベル型で、質量の半分が眼窩縁の外側部分にあり、残りの部分が眼窩の縁の内側(脳の隣)にある場合があります。 類皮嚢胞は嚢胞であり、通常、黄色の脂っこい物質で満たされています。

眼窩類皮嚢胞は通常どこにありますか?

眼窩の類皮嚢胞は通常、目の周りの骨の前方に形成されます。 これらは通常、顔面の2つの骨が結合して眼窩を形成する場所で発生します。 この領域の表皮細胞と真皮細胞は閉じ込められ、ゆっくりと成長する嚢胞を形成します。 類皮嚢胞の最も一般的な場所は、眉毛の端近くの眼窩の上部と外側です。 それらは鼻に隣接して発生することもありますが、眼窩下部の骨に関連して見られることはめったにありません。 まれに、眼窩のより後方に眼窩の類皮嚢胞が見られます。

眼窩類皮嚢胞は除去する必要がありますか?

まれに、類皮嚢胞が罹患した眼の視力低下を引き起こす可能性があります。 ただし、眼窩の類皮嚢胞が破裂して炎症反応を引き起こす可能性があるというリスクがあります。 このため、小児眼科医は、ほとんどの場合、類皮嚢胞を除去することを推奨します。 類皮嚢胞の深さを評価し、それが眼窩縁を超えているかどうかを判断するために、外科的切除の前にMRIスキャンを注文することができます。

眼窩の類皮嚢胞はどのように除去されますか?

類皮嚢胞の上にある皮膚を開き、類皮嚢胞が現れるまで周囲の組織を剥離します。 次に、類皮嚢胞を注意深く切離して周囲の組織から取り除きます。 切除された腫瘤は通常、組織の正体を確認できる病理医に送られます。

眼窩の類皮嚢胞は視力喪失を引き起こしますか?

通常では起こしません。

眼窩の類皮嚢胞は他の病気に関連して発見されていますか?

いいえ。

後部エピブルバー類皮嚢胞POSTERIOR EPIBULBAR DERMOIDまたは類皮嚢胞 DERMOLIPOMAはどのように見えますか?

後部眼球上類皮嚢胞は、通常、色が黄色で粘稠度が柔らかく、目の曲線に合わせて成形されます。 その上にある結膜が厚くなることがあります。 時折、塊から1本以上の毛が突き出ています。

後部類皮嚢胞(POSTERIOR EPIBULBAR DERMOID)は通常どこにありますか?

後眼瞼類皮嚢胞は通常、眼球が眼瞼と出会う窪みの外側上眼瞼の下に見られます。 サイズによっては、上まぶたを持ち上げたときだけ見える場合もあれば、まぶたを通常の位置にした状態で見える場合もあります。

後部眼球上類皮嚢胞POSTERIOR EPIBULBAR DERMOIDSは除去する必要がありますか?

それらはめったに切除を必要としません。 それらが小さく、患者または患者の家族に迷惑をかけない場合は、後部眼球上類皮嚢胞をそのままにしておくことができます。

眼球上類皮嚢胞はどのように除去されますか?

後部眼球上類皮嚢胞は通常、眼球自体に付着していません。 それらは目を覆う結膜に付着しています。 それらはしばしば眼窩の後方に伸びており、通常は完全に取り除くことができません。 切除には、上にある結膜から類皮嚢胞を剥ぎ取り、解剖の最も後方の範囲で腫瘤をクランプし、腫瘤の前部を取り除きます。 切除された腫瘤は通常、組織の正体を確認できる病理医に送られます。

後部眼球上類皮嚢胞は視力喪失を引き起こしますか?

通常では起こしません。

後部眼球上類皮嚢胞は他の疾患に関連していますか?

はい、時々。 それらは、ゴールデンハー症候群、線状脂腺母斑症候群、および脳頭蓋皮膚脂肪腫症の人にも見られます。

輪部類皮嚢胞は通常どこにありますか?

角膜または角膜と強膜の接合部のいずれかの眼の表面に見られます[図2を参照]。

輪部表皮類皮嚢胞 _143_dermoid3

輪部類皮嚢胞は除去する必要がありますか?

輪部の類皮嚢胞は、目の異常な外観を改善し、起こりうる目の炎症を減らすために取り除くことができます。

輪部眼球上類皮嚢胞はどのように除去されますか?

類皮嚢胞は、外科医が角膜および強膜の表面から類皮嚢胞を切除する外科的処置で除去されます。 類皮嚢胞が強膜および/または角膜にまで及ぶことがあり、それらを切除するときに眼球にメスが入らないように注意する必要があります。 切除後、類皮嚢胞が横たわっている部位は、移植された角膜片で覆われる可能性があります。

輪部類皮嚢胞は視力低下を引き起こしますか?

時折、類皮嚢胞が大きすぎて、視覚入力が目に入るのを妨げます。多くの場合、類皮嚢胞の存在により、影響を受けた眼の角膜が不規則な形状になるため、視力喪失が発生する可能性があります。この角膜のゆがみは、大量の乱視とぼやけた画像を引き起こす可能性があります。ぼやけた画像は、発達中の脳が影響を受けた目からの入力を無視するように促し、弱視による視力喪失を引き起こします。幸いなことに、小児期の早い段階で弱視が検出された場合、それはしばしばうまく治療することができます。

輪部類皮嚢胞の切除後、視力喪失の可能性はなくなりますか?

典型的には視力低下はありません。類皮嚢胞がなくなっても、角膜のゆがみは、残るので弱視になる可能性があります。

輪部類皮嚢胞は他の疾患に関連していますか?

はい、時々。それらは、ゴールデンハー症候群、線状脂腺母斑症候群、および脳頭蓋皮膚脂肪腫症、眼球外胚葉症候群、およびタウンズブロック症候群の人に見られます。

―――――――

https://eyewiki.aao.org/Dermoid_Cyst

詳細についてるは、EyeWikiアクセにスしてるくださんい。

Categorised in: 小児の眼科疾患