お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年10月21日

10203:最先端の小児科実習用ロボットだそうです。

眼科医清澤のコメント:小児科用であって、眼科用ではありませんが、不安、心配とか、疲弊の表情も作れるみたいです。眼球でも、眼球は左右の追従運動、輻輳運動、眼振や眼瞼下垂、左右の対光反応までを示しています。 採血で泣く時には、涙も流しているように見えますが、まさか本当に涙までは出ないのでしょうね。頭痛は?と聞かれてNAと答えるのは?N/A( 該当なし not applicable、あるいは利用できないnot available)ですかね?それならカルテにそう書けという十分な洒落ですが?。

似たもので、除細動器用のダミー人形を使ったことが有りますが、此方は更に数段も精巧です。

Gaumard Scientific
2018/01/23に公開
世界で最も先進的な小児患者シミュレータで、動的な表情、動き、スピーチでリアルな感情をシミュレートできる小児HALをご紹介します。 HALは、保健医療の学生やあらゆるレベルの専門家が、病院前、搬送、緊急、看護、集中治療の設定など、継続的なケアを通して小児患者と効果的にコミュニケーション、診断、治療を行うために必要な特殊技能を身に着けるするのに役立ちます。

機能のハイライト

•生き生きした表情、感情、会話は革新的な新しいレベルの相互関係とより豊かな患者と医療者のコミュニケーションをもたらします

•実際の患者監視装置と機械式換気装置の使用をサポートします

•外科的気道確保、針での減圧、および胸部チューブによる胸腔ドレナージを含む緊急処置訓練をサポートします

•ワイヤレスとテザレス:完全な運行中に動作し、患者の輸送やハンドオフの練習などの現場シミュレーションを容易にします。

•10の模擬学習経験と教官用のガイドブックが含まれており、小児科ケアのさまざまな分野でさまざまな臨床状況を再現するように設計されています

•患者シミュレータコントロールタブレットPCと強力なUNI®インターフェイス、アクセサリー、および運搬用ケースを含む

最も現実的で魅力的なシミュレーション学習体験に参加者を浸らせる準備をしてください。

Categorised in: 小児の眼科疾患