お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年4月12日

12782:高次脳機能の関与が疑われる羞明・眼痛:若倉論文紹介です

清澤のコメント:確かに目に異常がなくて目を開いていられない、眩しいと訴える患者さんがいます。若倉先生たちがそのような患者さんを集めて「神経眼科」誌に報告しました。これらの多くは注視努力 (企図または遂行)によって症状が悪化する傾向にあった。33症例の報告の内容から、3例以上に共通して随伴していた臨床的特徴としては脳脊髄液減少症、片頭痛、ベンゾジアゼピン系薬物の連用、線維筋痛症があった。感覚過敏が前面に出たものと考察できるが、詳細なメカニズム解明は今後の問題であるということでした。

  ーーーーーーーー

高次脳機能の関与が疑われる羞明・眼痛

若倉雅登、曽我部由香、原直人、山上明子、加茂純子、福村美帆、奧英弘、仲泊聡、三村治、

要約:

【目的】眼球や視路に原因を求められないが、日常的に保有視覚を阻害されてしまう場合がある。この実態をさぐるために、全国的に臨床的特徴を検討すること。

【方法】日常的に保有視覚が常時阻害されている症例を、神経眼科およびロービジョンの専門家の有志でワーキンググループ(WG)にて収集した。2018年11月から2019年4月までの6か月間に眼瞼けいれん、心因性視力障害、詐病を除く上記に見合う症例をWGのメーリングリスト上で報告し内容を検討した。最終的に以ドの二次的除外基準を設けて症例を絞り込み、その臨床的特徴を考案した。1) 頭部MRIなどで病変が同定できる症例、2)視覚に影響を及ぼす精神疾患が確定している症例、3) 眼位、眼球運動障害による視覚障害が出現している症例である。

【結果】最終的に対象となった症例は33例 (16歳から80歳、男女比 (9:24)が 収集された。これらの臨床的特徴を解析すると、非眼球性羞明26例、,眼痛5例と視覚性感覚過敏が目立った。両社とも有する例が21例 、両者ともないものが1例であった。これらの多くは注視努力 (企図または遂行)によって症状が悪化する傾向にあった。33症例の報告の内容から、3例以上に共通して随伴していた臨床的特徴としては脳脊髄液減少症、片頭痛、ベンゾジアゼピン系薬物の連用、線維筋痛症があった。

【結論】眼球や視路に原因がないのに、日常視を妨げる恒常性の羞明や眼痛を有する症例が少なからず存在することがわかった。これらは視覚関連高次脳機能障害のうち、感覚過敏が前面に出たものと考察できるが、詳細なメカニズム解明は今後の問題である。( 神眼 38:7~13.,2021)

Categorised in: 神経眼科